おちさん専用ページ

 

以下、おちさんの現在の状況おすすめの勉強法をまとめさせていただきました!

 

 

このページは私のホームページ内の一部ではありますが、記事とは別に独立したページとなっておりますので、URLを知らないとアクセスできないページとなっております。

 

そのため私とおちさんにしか見れません。

 

ぜひお気に入りなど登録してご活用くださいね。希望があれば削除しますし、とくになければ半永久的に保存しておきます!

 

 

 

 

まずは必要な勉強を全て確認した上で、1日あたりのおすすめ勉強を紹介します。

 

そして、メンター期間が終わっても参照して自分で勉強を続けていけるよう、「今やったほうがいい勉強」以外にも、大容量でたっぷりと載っています。

 

「今、毎日こんなにやらなきゃいけないんだ」と混乱しないよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

英語の目標

  • 旅行等で必要な英会話ができるようになりたい
    スピーキング・リスニング力の全体的な向上)

 

  • 同時に、Webサイト等を読めるようになりたい
    リーディング能力もの向上) 

 

 

全体案

英語学習は、『①勉強が必要な分野』『②練習が必要な分野』でわかれています。

これを混同して、とにかく勉強しても伸びないし、勉強せずに練習だけしても一向にできるようになりません。

 

それでは、

①勉強が必要な部分

②練習が必要な分野

にわけて、おちさんに必要な学習を説明させていただきます。

 

 

現在のレベルと必要な勉強法 

①勉強が必要な分野

語彙
  • Duoを使って、一度しっかりとインプットしてみるといいでしょう。

    (スカイプで「やり方」は説明しますね!)

 

  • 語彙力はスピーキングのために「多少」必要です。

 

  • また、リスニングのためには「絶対」必要です。

 

『英単語を沢山知っていたほうがいい理由』は私のブログの記事でも触れています。スカイプでも説明しますが、改めて知りたくなったら読んでみてください!

   

 

発音とイントネーション 
  • おちさんのスピーキングを聞いたところ、発音イントネーションの練習が必要だと感じました。

 

  • 「発音」は一度勉強して理解すれば、そのあとずっと使えるため、早めに学習することが大事です。

 

  • 以下が、世間一般の発音において、日本人が理解・練習したほうがいい発音です。
  • RとLの違い
  • Th
  • She
  • V
  • 〜er

 

  •  上記のものは、Youtubeを使って勉強が可能です。

『RとL 違い 発音』『Th 発音』などなど、Youtube画面で入力すると、簡単にヒットします。

 

実際に検索してみました!いろんなユーチューバーがいるので、自分にとってわかりやすいものを選んでいただけたらと思います! 

 


超わかりやすいLとRの発音の仕方 《サマー先生の英語発音講座#6》(プライムイングリッシュ・サマー レイン) 


たった6分でTHの発音ができるようになる方法!


Thの発音 // Pronouncing "th"〔# 047〕

 

  • 発音は、やろうと思えば簡単に習得できる上、習得してしまうとどんなに文法や語彙がめちゃくちゃでも「それっぽく」聞こえるようになるので、早めに身につけるようにするといいかと思います。(外国人の日本語を想像するとわかるかと思います。)

 

  •  発音を勉強したら、それを意識して実際に英語の文章を音読してみる練習もしましょう。(Wikipediaなどが簡単でおすすめ。ほかのおすすめは下の「リーディング」のところに記載)
    (音読は、「リスニング能力の向上」や「リーディング能力の向上」にも役に立つ一石三鳥の学習法です。)

 

 

  • 発音の次は、イントネーションの練習をしましょう。「Youglish」というサイトが使えます。

 

「勉強が必要な部分」のまとめ

上記の語彙・発音・イントネーションなどは、わざわざ勉強しなくても、スピーキングの練習をしている最中、わからない部分があってインターネットで調べたらすぐに出てきます。

【それなのに学んだほうがいい理由】


しかし、一度こうやって体系立てて勉強し、理解してる人は、今後調べた内容がすっと入ってくるようになります。(「あ、あのこと言ってるのかぁ。」という感じです)


そのため、一度、上記の方法でしっかり基礎を勉強していただくことをおすすめします。それをするとしないとで、英語のスピーキング・リスニング・リーディングの難易度が、大きく変わってきます。

 
 

②練習が必要な部分

スピーキング 
スピーキングに必要なのは『勉強』ではなく『練習』です

  

  • おちさんに必要な学習の中で「スピーキングの練習」が1番大きな割合を占めます。(1番時間と労力を割きましょう!)

 

  • まずは、『瞬間英作文』という市販の教材をすすめてみましょう。
瞬間英作文は、日本語を瞬間的に英訳する本です。

f:id:nenenekojima:20180725104048j:plain

f:id:nenenekojima:20180725104059p:plain

左側に、日本語が載っていて、それを瞬時に英訳します。

オススメのポイントとしては
①文法ごとにセクションがわかれている(ので初心者向け)
②仕組みが簡単
英文を読めば意味がわかるけど、日本語から英訳ってなるとできない!ものが多い(簡単であり実践的
です!!

 

  • ※たまに「日本語→英語でいいんですか?」という質問をいただきますが、こたえは「はい」です。
    ネイティブでない場合「日本語の文章→英語の文章」に慣れてきて、初めて「英語の文章を英語で思いつく」ようになれます。

 

  • 瞬間英作文を毎日ほんの少しでいいので継続しましょう。
    (そのとき、勉強した発音なども意識しながら声に出してやってみましょう)

 

  • また、「瞬間英作文」に慣れてきたら(1ヶ月後くらい?)、オンライン英会話を始めてみましょう。

 

  • そのときは、先生とのやりとりを録音してみてください!そして当日・あるいは翌日必ず復習するようにしてください!

 

  • その際「自分、この質問された時、こうやって言いたかったけど言い回しがわからなかったんだ。」という部分を思い出しながら、文章を改めてぶつぶつ紡いでみてください。

 

  • この積み重ねが何よりスピーキングの練習の基本です。

 

  • また、初心者のころは「文法」を忘れて喋るのも、ひとつの必要な練習です。
 

  

リスニング
  • おちさんの現在の英語力を鑑みると「文法がわからなくて」聞き取れないわけではないので、慣れれば必ず聞き取れるようになります。

 

  • また、リスニングに関しても、完全に練習量(聞く量)がものをいう分野です。いまが一番しんどいですが、少しずつやっていきましょう。

 

  • 練習法としては「ディクテーションをやる」「教材を買ってやりこむ」などよりは、まずはスピーキング力の向上に身を任せましょう(スピーキングが伸びるとリスニングも付随して伸びます。)

 

  • なので、リスニングに関しては、わざわざ教材をやりこむわけではない「無料で」「遊ぶように」ぱぱっと取り入れられるリスニング練習法をお伝えさせていただきます。

 

おちさんにオススメの練習法①

 

『Youtubeを見る』です。

 

ぜひお気に入りの海外のユーチューバーを探してみてくださいね!

 

また、右下の設定のところをいじるとどんな動画でも「字幕」がつけられます。こんなに楽しい練習方法はないと思います。私自身、空き時間によく見てリスニング力を鍛えています。

 


CULTURE SHOCK in Japan なかなか慣れない日本のこと

 

おちさんにオススメの練習法②

 

有名な方法ではありますが、日頃から洋楽を聞いたり、洋画・海外ドラマを見るなど「趣味レベルで英語を取り入れる」ことも大事です。

 

ぜひ1ヶ月にひとつ、洋画を観るなどしてみてください。

 

また、海外ドラマを観るときに2回観るなどもおすすめです。

  • 1回目・・・英語リスニングと日本語字幕
  • 2回目・・・英語リスニングと英語字幕

 

ストーリーを知ってるので英語が入ってきやすいし「英語だけで理解できる!」と自信にもつながります!

 

※洋画だと長いですが、ドラマなら短いし2回見ても苦痛になりません。また「勉強」だと思えば、こんなに楽しい勉強法はないので頑張れます。

 

※Netflix等の動画配信サイトだと字幕の設定ができたりできなかったりします。そのため動画配信サイトをお使いでしたら、ぜひ研究してみてくださいね。

 

 

リーディング
  • 英会話+αで練習できればとのことでしたね。

 

  • 「文法」がわかっているおちさんの場合、「語彙」さえDuoなどで十分に身につけば、あとは簡単に読めます。

 

  • 現在でも、語彙を検索しながらなら読めると思うのですが、いかがでしょうか?

    (例:JapanTimes)



    (語彙を検索したのに)「今もでも読むのが苦手」な場合:
    英文法が、実践的になると苦手なのかもしれません。その場合は、品詞や5文型などの理解が改めて必要です。

    (語彙を検索したらわかるけど)「もっと速く読みたい」場合:
    速読に関しては、練習するしかありません。スピーキングやリスニングと同じで、練習量が必要です。
 
  • おすすめのリーディング教材(?)を4種のせたので、おちさんに合うもの・好きなものを取り入れてみてください!
    (また、発音の練習の音読用としてもお使いください!)
     

おちさんにオススメの練習法①

 

今日からできる簡単な方法。

 

インスタ・ツイッター・FacebookなどのSNSで『海外の有名人をたくさんフォロー』すること。

 

普段SNSをいじるときにナチュラルに英文を読む機会ができます!  

おちさんにオススメの練習法②

 

実は簡単なTOEIC教材

 

TOEICの英文は、大学受験をしたレベルの方だと(センター試験に比べると)実は簡単です。というのも、単語がむずかしいだけで、内容的には「バイトを募集」のメール「パン屋がオープンしました」のチラシなどの、内容だからです。

そのため、解説がしっかり載った教材で一度「1週間に1P」などと決めて練習してみるのも手です。

この教材は比較的初心者向けなので「英文があまりにも難しすぎる」ということはないはずです。
おちさんにオススメの練習法③

 

「発音」のところで紹介したWikipedia音読。これはリーディング能力の向上にも役立ちます。 

おちさんにオススメの練習法④

 

私はニュースサイトに興味があまりもてなかったので、練習材料にしてませんでしたが、もしもモチベーションが保ちそうなら、「The Japan Times」 を使った練習がおすすめです。

 

 

【おすすめポイント】

①訳が載っている

②難しい単語はその場で調べられる

③発音もわかる

 
 

1日単位で見る勉強法

上記の勉強法は、メンター期間が終わっても参考になるようにしてあるため少し情報過多かもしれません。

 

そこで、1日あたり、どんなペース配分がいいか考えてみました。

 

 

毎日やること

優先順位順に載っています。学校やバイト等が大変で時間がとれないときは、せめて①②は行うようにしてくださいね!

 

①瞬間英作文
  • 10分ほど

 

  • 1日2文ペースでいいので毎日続けてみましょう。

 

  • 翌日は前日の分もやりましょう。(毎日4文)

 

  • 毎週日曜日は、その1週間の分を全てやりましょう(12文)

 

英会話の練習は、おちさんのレベルの時(初心者)が一番辛いです。でも、その時期に辞めてしまう人が多いので、一番伸びるチャンスの時期だと捉えてください。今その時期に、『瞬間英作文』を使って、英文を紡ぐ力を鍛えましょう。

 

  • 1ヶ月ほど続いたら、オンライン英会話などを始めてみると、なお良いでしょう。(とにかく話せるようになるためには圧倒的な練習量が必要)

 

 

②Duoで語彙力UP
  • 15分ほど

 

  • 毎日Duoを例のやり方で1セクション進める。

    →3〜4ヶ月で1周くらいは終わるのではないかと思います!ちょっと慣れてきて、ペースがつかめてきたら「〜月までに1周」と目標設定をしてみてください!(最初はとりあいず慣れるのが目標で大丈夫です。)

    →2周目・3周目はもっと早く進むので、1年以内に3周できると思います!

    →そうなったらもう語彙力は充分です。怖いものはありません!新しい単語帳に手を出さずとも、Duoの中の言い回しだけで日常会話はだいたい済みます。 

 

発音の練習
  • 15分くらい

 

  • 一日につき一種類Youtubeを使って発音練習をしてみてください!多分1か月もかからずに、習得し終えるはずです。

 

  • 発音をひととおり習得し終えたら「Youglish」を使ったイントネーションの練習にうつりましょう。

 

④英文音読
  • 15ふんほど

 

  • 読むものは、(私的にはWikipediaがおすすめですが)「リーディング」の所に載せた他のものでももちろん大丈夫です。

 

  • 発音/リスニング/リーディング能力の向上に役立ちます。

 

 

 

⑤Youtubeでリスニング練習
  • 15分ほど

 

  • 海外Youtuber動画を気楽に観てみる。
    楽しく動画見るだけでも、耳が英語に慣れるので有意義です。
    ※聞くだけで話せるようにはなれませんが、確実に「話すときのイメージは作りやすく」なります。

 

  • また映画や洋楽も「勉強の中では楽なほう」ですよね。なので土日など、余裕のあるときに月1回でいいので取り入れるようにしてみてください。

 

⑥SNSで海外の有名人をフォロー
  • 勉強だと思わず、特に構えず、気軽にしてみる

 

  • 目撃するたびに読んでみる。

 

  

 

最後に

いかがでしたでしょうか?少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

あくまで提案なので、こちらを踏まえて、自分の特に優先したい勉強を重視してやったり、楽しくできるものから手をつけたり、工夫してみてくださいね。

 

 

 

また私の提案する勉強・練習法は「たった1ヶ月で英語が話せるように」などの夢のようなものではありません。

 

とても基本的な学習法を「楽しく取り組めて」「なるべく効率よく」できるようにするのが目的で、英語が不自由なく話せるようになるまでには最低でも1年は必要です。

 

そんな長い道のりの英語学習ですが、この学習を実際にやるかどうか・続けるかどうかは、おちさん次第です。

 

「本当に伸びてるのかな?」という地道で不安な勉強・練習をコツコツ続けた先に、「英会話ができる」実感が待ってると、私は思います。

 

「英会話ができる」実感がある中での勉強はもはや「苦」ではないので、「英会話ができない」今の時期の勉強が、一番苦しく、挫折しやすいと思います。

 

ぜひ、少しずつでいいのでコツコツ続けていってくださいね!

 

それでは、ご不明点や詳しく聞きたいものがあったら、LINE@でのご連絡お待ちしています。

 

 

 

ねこじま