Annaさん専用ページ

 

 

こんにちは!

このページでは、Annaさんの現在の状況おすすめの勉強法をまとめております。

 

スマホで見たいときに見れた方がいいのと、色分け箇条書きなど、文章をわかりやすくしたい意図から、このページを作らせていただいております。

 

  

 

このページは私のホームページ内の一部ではありますが、記事とは別に独立したページとなっておりますので、URLを知らないとアクセスできないページとなっております。

 

そのため私とAnnaさんにしか見れません。

 

ぜひご活用くださいませ!希望があれば削除しますし、とくになければ半永久的に保存しておきますね。

 

 

 

 

このページの解説

 

Annaさんの現状を確認
必要な勉強全てを確認 

ここがとても長いです。

1週間の中で行うおすすめプランを紹介

 

 

 

Annaさん自身のこと

英語の目標

  • 海外旅行などで英語を話せたら嬉しい(スピーキング・リスニング力の向上)
  • 海外旅行の予約等含め、英語のやりとりや英語のサイトなど、読めたら嬉しい(簡単なリーディング力の向上)
  • 海外旅行の予約等含め、簡単な英語のやりとりなどできたら嬉しい(簡単なライティング力の向上)

 

現在の課題

  • いまのところ、継続できていない点が課題。(気持ち、とってもわかります!)→この1ヶ月は「ねこじまLINEに毎日報告」などしてもいいですね。
    ツイッターインスタ等の「勉強垢」を始めるのもひとつの手です。
    →また自分の「毎日やっても気持ちが続く量」を見極める・知るのも大切。その期間だとおもって1ヶ月やってみてください。

  • 英語力に関しては、下記に記載

 

勉強に使える時間

平日

  • 電車の中( MAX 2時間 )
  • 座学( 平日30分 )

 

休日

  • 座学等( 1時間 )

 

少しずつで大丈夫なので、無理なく勉強が続くよう頑張りましょう!

 

 

 

Annaさんに必要な勉強すべて

そもそも英語学習とは

f:id:nenenekojima:20180722220449p:plain

 

英語学習は、大きく2種類にわかれています。

 

①【理解・暗記が必要な分野(勉強が必要な部分)】

文法・単語・(発音・イントネーション)

②【練習が必要な分野】

スピーキング・リスニング・リーディング・ライティング

 

これを混同して、とにかく勉強しても伸びないし、勉強せずに練習だけしても一向にできるようになりません。

 

ここでは①と②にわけて、見ていきますね。

 

 

①理解・暗記が必要な部分

 

文法

Annaさんのヒアリングを行った結果…

 

  • 私の唱える(?)目標の英文法習得度は「65%」です。(理由は「日本語を話す外国人」を思い浮かべてくださいね!)

 

  • 一方、現時点でのAnnaさんの文法習得度はおそらく45%くらいです。一度やってるため多少理解できているといえますが、あともう少し!定着するといいでしょう。

 

  • そのためには文法書を一度やり直すことをおすすめしたいです。  

 

  • 本屋さんで、Annaさんが使ってみたとおっしゃった「文法特急」を確認しましたが、今のAnnaさんにぴったりの教材ではないかな?という所感です。(気に入ってたらすみません)。理由はスカイプでお話ししますね。

 

私のおすすめの文法書を紹介させていただきます。

 

【ワーク系】Mr. Evineの 中学英文法を修了するドリル Mr. Evine シリーズ

一番おすすめです。

  • 解説がわかりやすいので参考書のようにも使え
  • 単元ごとにワークが付いているので書きながら覚えることもでき
  • なにより文法の説明が一番私の納得いくものでした。

 

f:id:nenenekojima:20190110094844j:plain

f:id:nenenekojima:20190110094848j:plain



 



【目でわかる系】マンガでおさらい中学英語

英語独特のわかりにくい概念が漫画で説明されている良書です。ただしこれ一つでは不十分ですので、メインの教材というより副読本のイメージです。

f:id:nenenekojima:20190110095003j:plain

 




【参考書系】ゼロから始める!大人のための中学英語  

上から順におすすめなのですが、もしもの場合で載せておきます。

 

ゼロから始める!大人のための中学英語  

f:id:nenenekojima:20180612195606j:plain 

 

 

 

 

語彙力
  • まずは、「英単語を覚えるべき基準」についてスカイプで説明しますね。

 

参考記事も添付しますので、スカイプの説明がわかりにくかったらぜひ読んでみてくださいね!

 

  • 以上をふまえますと、金フレはTOEIC得点対策にはなるものの、スピーキング対策には向いてないんです。一方で、Duoは、TOEIC得点対策・スピーキング対策
    どちらにも使えます。

 

  • 以上納得いただけましたら、前回の面談でお話ししたとおり、DUOを一度「ねこじま式」の方法でやってみましょう!

 

練習方法はこちらも前回のスカイプでお話ししましたが、改めて知りたい場合こちらご覧いただけますと幸いです。

 
  •  英単語帳は、たくさんの本に手を出して覚えるより「気に入った一冊を何周もする」ほうがはるかに効率が良いです。

 

  • ぜひDuoを3周するのを目標にしましょう!

 

  • (Duoを気に入ってもらえるといいのですが)どうしても向いてないようでしたら、またご相談くださいませ!

 

 

発音・イントネーション  
  • 発音イントネーションの練習が必要。(理由は「日本語を話す外国人」を思い浮かべてくださいね!)

 

  • 「発音」は一度勉強して理解すれば、そのあとずっと意識するだけの「コスパのいい学習」。早めに手を付けると良いです! 

 

  • まず大枠として、世間一般の発音において、日本人が理解・練習したほうがいいものを載せておきますね。
  • RとLの違い
  • Th
  • She
  • V
  • 〜er
  • 語尾を弱くする練習(Good day はグッドデイと言わずグッデイ)(これはYoutubeでも検索できないと思うので、ご自身で意識してくださいね)

 

  •  上記のものは、Youtubeを使って練習が可能です

『RとL 違い 発音』『Th 発音』などなど、Youtube画面で入力すると、簡単にヒットするかと思います!

 

実際に検索してみました!いろんなユーチューバーがいるので、自分にとってわかりやすいものを選んでいただけたらと思います。

 


超わかりやすいLとRの発音の仕方 《サマー先生の英語発音講座#6》(プライムイングリッシュ・サマー レイン) 


たった6分でTHの発音ができるようになる方法!


Thの発音 // Pronouncing "th"〔# 047〕

 

 

  • Youtubeを見ながら、手鏡を持って自分の口を動かす。

  • 「1種類」動画を見終えたら、
    次にその発音が出てくる単語を、何回も言ってみる。
    (ex. Right Light)

  • そのあとに、その単語を使った文章を、何回も音読する。
    ※このとき、文字を見ながらのほうが効率よくインプットができるため、スマホで検索した文章を使うことをおすすめします。
    (ex. I have a light. That's all right.)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【+α】 

  • 上記の代表的な5つの発音練習を終えたら、細かい発音に移ります。

 

  • アルファベットの鳴き声を理解しましょう。「フォニックス」というネイティブの幼稚園生が行なっている学習法がおすすめです。

 

  •  1日5音ずつ行えば5日間で完了。これに関しても鏡を見ながら/単語・文章をつくって、練習してみてください。

   

  • 発音を勉強したら、それを意識して実際に英語の文章を音読してみる練習を。(Wikipediaなどが簡単でおすすめ。ほかのおすすめ音読教材は下の「リーディング」のところに記載)

 

 

イントネーション 
  • 発音の次は、イントネーションの練習を。

 

  • 「Youglish」というサイトが使えます。

 

  • 発音やイントネーションは一度しっかり確認して、習得してしまえば、その後どんどんネイティブに近づけて話せるようになります!

 

  • 発音は、やろうと思えば簡単に習得できる上、習得してしまうとどんなに文法や語彙がめちゃくちゃでも「それっぽく」聞こえるようになるので、早めに身につけるようにするといいかと思います。

 

 

 

 

②練習が必要な部分

スピーキング  

スピーキングに必要なのは『勉強』ではなく『練習』です。

 

  • Annaさんのスピーキングですが、文の基本的な作り方(S V…)などはしっかり理解できています。自信を持ってくださいね!

 

  • 一方で、まだまだ「①勉強が必要な部分」が足りてないのと

 

  • なにより「②練習」が足りていません。①の勉強と同時並行で、英語を話すのには圧倒的な練習量が必要です。

 

  •  そのため「瞬間英作文」を用いての練習をお勧めします。

 

 

 

瞬間英作文は、日本語を瞬間的に英訳する本です。

f:id:nenenekojima:20180725104048j:plain

f:id:nenenekojima:20180725104059p:plain

左側に、日本語が載っていて、それを瞬時に英訳します。

 

おすすめのポイントとしては

  1. 文法ごとにセクションがわかれている
  2. 仕組みが簡単
  3. 英文を読めば意味がわかるけど、日本語から英訳ってなるとできない!ものが多い(簡単であり実践的)

などが挙げられます。

 

  • ※たまに「日本語→英語でいいんですか?」という質問をいただきますが、こたえは「はい」です。
    ネイティブでない場合「日本語の文章→英語の文章」に慣れてきて、初めて「英語の文章を英語で思いつく」ようになれます。

 

  • 瞬間英作文を、毎日ほんの少しでいいので継続しましょう!
    (そのとき、勉強した発音なども意識しながら声に出してみると一石二鳥)

 

  • 「瞬間英作文」で英文を紡ぐことに慣れてきたら、オンライン英会話をスタートしてみましょう!

 

  • ネイティブコースなどありますが、初心者のうちは非ネイティブ(フィリピン人講師)の方のレッスンで十分なはずです!

 

  • オンライン英会話を始めたら、ぜひオンライン練習中、先生とのやりとりを録音してみてください!そして当日・あるいは翌日必ず復習するようにしてください!(録音がおすすめです。)

 

  • その際「この質問された時、こうやって言いたかったけど言い回しがわからなかったんだよな。」という部分を思い出しながら、文章を改めて紡いでみてください。

 

  • わからない部分はネットで構わないので調べてみてください。そしてネットを見ないでも言えるようにしてみてください。誰でも思いつく基本的なやり方ですが、これが何よりスピーキングの練習の基本です。
 

 

リスニング
  • Annaさんは、単語はちょこちょこ聞き取れていたので、伸び代があるとお見受けしました。知ってる単語が増えればその分、聞き取れる量も上がります。(duo頑張りましょう!)

 

  • 一方で、細かい文法(自制)の部分が聞き取れていなく(前回の例だと「I had great time.」)意味を勘違いしていましたね!
    これは「文法がわからなくて聞き取れない」のではなく「速くて」だと思うんですね。

 

  • そのため、練習量(聞く量)を増やすしかありません。スピーキング同様、圧倒的な練習量が必要です。
    (細かいコツなどはあまり役に立たないかなというのが私の所感です。)

 

  • 練習には、このサイト(アプリ)を使って1日1つ聞く練習をお勧めします。やり方はスカイプでお伝えしますね。

 

  • また、スピーキング力が向上するとリスニング力も付随して伸びます。自分が話す速度のもの+αが聞き取れるようになるため)。
    全ての学習は繋がっているので、ひとつひとつ、がんばりましょうね!

 

 

リーディング
  • 旅行(例えばAirBnBのサイト)などに困らない程度になれればということでしたね。

 

  • これは、上述の「文法」「単語」学習を続ければ必ず読めるようになります。(読めないとしても、単語さえ調べればすぐに理解できるレベルまでは、すぐにいけるかと思います。)

 

  • 日頃から読む癖をつけるのがおすすめなので、以下に2種、私も英語が苦手だった際に読んでいたものを紹介します。

 

①SNS

 

今日からできる、簡単に日頃からリーディングに慣れる方法としてはインスタ・ツイッター・FacebookなどのSNSで『海外の有名人を思いっきりフォロー』することです。 

 

普段SNSをいじるときにナチュラルに英文を読む機会ができます。

  
②Wikipedelia音読
 

 

最初はきついですが、こちらもYOUTUBEと同じように、趣味の一環として(勉強というより娯楽として)楽しめます。

 
 
ライティング
  • エッセイや論文のようなものではなく、必要があった際にメッセージのやりとりなどできればいいな!とのことですね。

 

  • ライティングは、長文(論文)を書くならそれ相応の特殊な勉強が必要ですが、短文を書く場合は、スピーキングの練習で十分です!(文を作る練習で十分)

 

  • 特別な練習は本当にいりません!スピーキングの練習にあてがいましょう。

 

 

週単位で見る勉強法

私のもてる力全てを使って勉強方法を考えたので、上記の勉強法は少し情報過多かもしれません。

 

そこで、1週間の中でどんなペース配分がいいか考えてみました。

 

平日

  • 電車の中( MAX 2時間 )
  • 座学( 平日30分 )

 

休日

  • 座学等( 1時間 )

 

 

電車の中

(1時間がんばり1時間はフリーくらいの気持ちで大丈夫です)

①Duoで語彙力UP

20分くらい?

 

毎日Duoを例のやり方で1セクション進める。

  • 3〜4ヶ月で1周くらいは終わるのではないかと思います!10月までに終わらせたい場合は、ちょっと慣れてきてからペース配分を調整してみてください(最初はとりあいず慣れるのが目標で大丈夫です。)

 

  • 2周目・3周目はもっと早く進むので、1年以内に3周できると思います!

 

  • そうなったらもう語彙力は充分です!怖いものはありません!新しい単語帳に手を出さずともDuoの中の言い回しだけで日常会話は済むと思います!

 

②VoiceTubeでリスニング練習

30分ほど。

 

  • 「録音しながら声に出してみよう!」の部分は電車の中ではとばして大丈夫です!

 

 

 

家でやること(30分プラン)

『中学英文法』の復習

上記の教材でもいいですし、他のお気に入りの教材でもいいので、進めてみてください。ペースはご自身の進めやすいペースで大丈夫です!

 

 

②瞬間英作文

15分くらい?

 

  • 「一日1時時間20ページ!」などの過激な勉強はいらないので 
  • 代わりに毎日2文、絶対に続けてみてください!

 

  • また、翌日は前日の分もやること(毎日4文ペースですね)/一週間に一回全部やってみること(日曜日だけ12文)、などなど、進めるペースの中に復習も含むようにしてください!

 

※注意事項としては、1日に大量やって、疲れて「もうやらない!」とならないように(絶対に負担にならないように)とにかく少しずつでいいから続けることです!

 

 

③VoiceTubeでスピーキング練習
  • VOICETUBEの「喋ってみよう」の部分(電車内でできなかった部分)をやってみましょう!

 

 

休日にやること (1時間プラン)

『中学英文法』の復習

上記に同じ

 

②瞬間英作文

上記に同じ

 

発音の練習

一日につき一種類Youtubeを使って発音練習をしてみてください!10分くらいでできると思います!また、多分1か月もかからずに習得し終えるはずです。→イントネーションの練習や、フォニックスにうつりましょう。

 

 

④VoiceTubeでリスニング練習
  • VOICETUBEの1つやってみましょう!

 

 

 

いますぐ(この土日に)やること

①SNSで海外の有名人をフォロー

 

②Wikipediaのストックをお気に入りに保存

 

③目標の設定
  • TOEICテストを受けるとのことでしたが、今後もなるべく定期的に受けてみるのもいいかもしれませんね!
  • 他にもなにか「これまでに英語頑張る!」というものをセッティングできるといいかもしれません。
  • たとえば「2月には国際交流パーティに行ってみて外国人の人と話してみる!」などなど!

 

④毎日のタスクの設定

(上の「現在の課題のところに書いた内容ですが」)

  • この1ヶ月は「ねこじまLINEに毎日報告」などしてもいいですね。
  • ツイッターやインスタ等の「勉強垢」を始めるのもひとつの手です。
  • また自分の「毎日やっても気持ちが続く量」を見極める・知るのも大切。その期間だとおもって1ヶ月やってみてください。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

あくまで提案なので、こちらを踏まえて、自分の特に優先したい勉強を重視してやったり、楽しくできるものから手をつけたり、工夫してみてくださいね。

 

 

 

また、英語は1日、1週間、1ヶ月でいきなり話せるようになることはありません。

 

「本当に伸びてるのかな?」という地道で不安な勉強・練習をコツコツ続けた先に、「英語できる」実感が待ってると、私は思います。

 

「英語できる」実感がある中での勉強はもはや「苦」ではないので、「英語できない」今の時期の勉強が、一番苦しく、挫折しやすいと思います。

 

ぜひ、少しずつでいいのでこつこつ続けていってくださいね!

 

それでは、ご不明点や詳しく聞きたいものがあったら、LINE@でのご連絡お待ちしています。

 

 

 

ねこじま

 

 

 

追記

TOEIC試験に関して今からできることは

「どんな問題がどのパートに出て来るのか」の確認と、

「どの大問を何分で(どのくらいのペースで)とけばいいのか」の確認です。

 

プライバシーポリシー