空気を読んで人種差別をしてしまった話

 

今日は珍しく、思ったままの文体で、思ったままのことを書いてみよう。

 

 

 

昨日、本当にショックなことがあった。

 

素敵だと思っていた留学生の外国人2人が、人種差別をしていたこと。

 

本当に本当にショックだった。

 

でももっとショックなことは、ワタシはその空気に合わせて一緒に人種差別をして笑ってしまったこと。

 

それによって、今まで「絶対色眼鏡で人を判断しない」って国際交流をしてきたワタシ自身を、裏切ってしまったこと。

 

 

 

ワタシは国際交流が好き

昨日は、ひょんなことから仲良くなった留学生2人と遊んでた。

 

それぞれの国の話とか、文化の違いについての話をたくさんして、本当に楽しい時間だった。

 

たとえば、おいしくないのに「おいしいね」っていうのは、日本では「本音と建前」で、相手への配慮から行われてるというのが一般的。

 

一方でイギリスでは、それは皮肉として考えられて「fuck you」みたいな強い言葉以上に攻撃的なんだって。

 

こういう話、ワタシ面白くて大好きなんだ。同じ物事がそれぞれの国で違う解釈をされること。世の中に正解がないと知ること。

 

それを知るのが大好きだから、ワタシは国際交流が好きなのだと思うんだ。

 

 

 

昨日のこと 

そんな楽しい時間を過ごしてたら終電を逃してしまい、3人で飲みに行くことになって。

 

お店を探して歩きながら「そういえばこないだの画像面白かったよね!」「あれはやばい。思い出しても笑える!」って腹をよじりながら友達2人が話し出して。

 

ワタシが「なになに!?」「ワタシも知りたい!」って聞いても教えてくれなくて。

 

多分、友人2人は男だったからどうせエロ画像か下ネタかなんかの類いだろうと思ってて。

 

「教えて!」「ねこじまには言えないよ(笑)」そんなやりとりを長らくした後に、「じゃああそこのバーで飲みながら教えるよ。」ってついに言ってもらえて。

 

そこのバーまですごい盛り上がりながら向かったんだ。

 

 

 

差別は突然に

バーの席について「で、その画像は!?」と聞いて、見せられたのが人種差別的な画像。

 

OLEOっていう黒いビスケット白いバニラが挟まれたお菓子があるんだけど、

 

黒人の子と白人の子が屈託のない笑顔で笑ってる写真に、そのお菓子の「OLEO」ってロゴが入った写真だったかな。

 

ワタシはもちろん、何が面白いのかもわからなかったし、瞬時に嫌だなって思ったけど、友人二人の「どうだ!?こいつにジョークは伝わるのか!?」っていう期待を勝手に読んで、笑ってしまったんだ。

 

そこまで「画像見せて」「君には見せられないよ」って溜めに溜められた空気の圧もあったと思う。

 

それからはワタシにとって地獄の時間だった。「こいつはこの手のジョークが通じる!」と思ったのか、次々とスマホに保存されてた人種差別系の面白画像を披露して笑い出して。

 

アフリカ人とか、イスラム教徒とか、中国人を馬鹿にしたようなコラージュ画像。

 

 

 

わたしは常日頃、色んな国の人と仲良くなって、色んな国の文化を学んで、今まで培ってしまった偏見を取っ払って、新しい学びを得たいと本気で思っていたから。

 

関わったこともないし学んだこともないのに、知らない文化や人種や宗教を馬鹿にすることは一回もしないようにしてたから。

 

色眼鏡で、どこかの国の人種や宗教や考え方を理解しないことが本当に本当に大嫌いだったから。

 

こんな風に、人種や見た目だけで人を馬鹿にすること、初めてしてしまって。

 

一枚目で「差別画像の面白さがわかる」ふりをしてしまったワタシは、次々と出てくる写真に合わせて笑うしかなくて。

 

たまに英語でオチが書いてあるやつは「うーんこれは難しくてわかんないな。」とか返せたけど、基本的には全部合わせて笑った。

 

 

 

年下の店員さんにハッとさせられる 

そんな様子を見て、バーの店員さんが近づいてきて。「なんか面白いものがあるの?見せて見せて!」と。店員さんはワタシより若そうな日本人の女の子で。

 

そして友人が、笑いながらスマホの画像を見せると、一言。

 

「あぁ、これは笑えないねぇ。」

 

 

 

友人たちは「あの女の子、変なの〜。」みたいな反応の後、気にせずまたいろんな画像をワタシに見せて笑いを取ってきたんだけど。

 

わたしは、その女の子がかっこよすぎて、羨ましすぎて、自分が恥ずかしすぎて、もう本当に今すぐ立ち去りたかった。とにかく、この話をもう辞めにしたかった。

 

でも、今更言い出せなくて、見せられるたびに笑っていた。

 

友人は、自分の国(白人圏)にはこんな裏文化が沢山あること。移民の人が知らない裏サイトなどが沢山あること。自分はお父さんとこういう画像を見て笑っていることを教えてくれて。

 

全部ショックだった。

 

日本にも、たしかに人種差別のサイトはたくさんあるし、そういうのを面白いと思ってる人が沢山いることも知ってる。

 

でも、あんなに頭が良くて面白くて素敵だと思って、今も違う言語を学びに留学してる彼がそんなことを言うのは、ショックだった。父親とそんな話をしてるのも、本当にショックだった。

 

 

 

差別は身近に 

そして皮肉にも、ワタシは彼の人種を差別しそうになってしまった。

 

「やっぱり日本人ってモラル高いのかもな。ワタシの周りでこんなので笑う人いないもの。彼の国、お父さんもコレを笑うってどうなってんの。」って真剣に思った。

 

でもその考え方が彼と似ていることに気づいて、それは自分への嫌悪に変わった。

 

 

 

なんとか違う話がしたくて、おつまみのわさび味のクラッカーを片手に「二人はわさび食べれるの?」なんて話題転換をしたら、やっとその話は終わった。

 

すでに酔いは冷めてた。

 

そのあとの話は何一つ楽しくなかった。

 

そこまでいろんな話して、全部楽しくて幸せで最高の時間で、2人のことを好きだと思えていたから余計に。

 

その友人の、日本人のワタシと積極的に交流する姿勢に、留学当時の自分を重ねて応援していたから、余計に。

 

 

 

ワタシが許せなかったこと 

そのあとは、友人の話を聞き流しながらずっと後悔と戦っていた。

 

今日は飲みに行く前に帰ればよかったな。そしたら彼らの嫌いな部分を知らなくて済んだのに。

 

いやむしろ、今日遊ばなきゃ良かったな。そうしたらこんな気持ちにならずに済んだのにな。

 

 

 

…いや、問題はそこじゃないか。

 

ワタシが一枚目の画像を見たとき「これは笑えない」って、バーの店員さんと同じこと言ってればな。空気なんか読まなければな。

 

そしたらあのあと永遠と画像を見せられることも、それに対して無理して笑うことも、彼らに失望してしまうこともなかったのにな。

 

自分の信条を裏切ってしまうこともなかったのにな。

 

 

 

ショックの理由は、好きだった彼らが人種差別をしていたこと以上に。

 

自分の理想と、自分の考え方と、全く違うものにノーと言えなかった自分。

 

それによって、今までの自分の生き方を、蔑ろにしてしまった自分だった。

  

 

 

今までワタシが意識し続けて来たこと

私は日々、どうしたら差別とか偏見とか、そもそも"○○人=○○"って考え方が世の中から無くなるんだろうって思って生きてきた。

 

多分、その意識は誰よりも強い。

 

 

 

これには、2ヶ国留学中に本当に色んな国の友達ができて、親切にされた経験が響いてる。

 

自分が無意識で見下してたかもしれない国の人(東南アジア人とかアフリカ人とか)に、優しくされたり、彼らの尊敬すべき考え方を学ぶ度、自分が無意識に蓄積して来た今までの偏見に気づいた。

 

絶対に、人種や宗教や見た目で判断したくないと思った。

 

 

 

そして、オーストラリアに留学をして、多文化共生で豊かな大国を目の当たりにしたとき、さらにその想いは強まった。

 

オーストラリアはマルチカルチャーの国で、アジア人の顔をしたオーストラリア人、イタリア人の親を持つオーストラリア人、こんなの一例だけど、純粋に○○人って言えない人が沢山いた。

 

 

 

そんな国にいたら、今までの「○○人」って考え方は崩れた。○○人って概念がどこから来るのかわからなくなった。血筋なのか、行政上の手続きなのか、文化の共有圏なのか。

 

顔や見た目も、文化も宗教も、本当に多種多様だったから。

 

そんなオーストラリアは、マジョリティにとってのハッピーではなく、全体のハッピーを追求していた。

 

移民も、留学生も、西洋の顔立ちの人も、アジアの顔立ちの人も、南米の顔立ちの人も、原住民も、みんなにとって魅力のある国を目指してた。

 

それは、オーストラリアという国が移民で成り立ってるから。外から来た観光客や移民を受け入れることで、豊かになって来た国だから。人種の多様性を、前向きに「自国の文化」に昇華してる国だから。

 

留学は、大学3年生のたった半年だったけど、ワタシの中での学びは本当に本当に大きかった。

 

 

 

色んな違いを認識した上でも、それを前向きに受け入れて共生して、そのおかげで豊かになってる国を知って。

 

世界中の色んな国の、色んな人種の、色んな宗教を信じる人と、仲良くなって。

 

彼らの中にはいいやつも悪いやつも色んなやつがいて。決して「○○人だからいいやつ」「○○教徒だから悪いやつ」じゃないと学んで。日本人でも色んな人がいるように、"○○人は○○"って一言で言えないと気づいて。

 

だから留学をしてから、差別や偏見を本当にしたくないと思った。無意識に感じてしまうステレオタイプすらとも、戦いたいと思った。

 

 

 

それからいままでずっと、自分の理想に近づける行動を取ってきたつもり。

 

積極的に色んな国の色んな人種と交流を深めて。

 

そして、その違いに目を向けないのではなく、違いを学んで、その違いを面白いと考えるようにしてきた。

記事の冒頭に書いた「おいしくないものをおいしい」と言ったときの捉え方の違いとかね。

 

日本に生きてきた中で、自然と身についてしまった色んな偏見を打ちこわしたくて、それに勝ってきた。

 

いろんな国のいろんな友達が出来るに連れて、その人たちが生きづらくなるようなことや考え方は絶対したくないと思った。

 

 

 

そんなわたしにとって、今回空気を読んで人種差別をして、偏見のままに人を見下し笑ったことは、深い傷になってしまった。

 

大げさに書いてるわけじゃない。その証拠に、一日後になってもだらだら未練がましくこんな文章を書いてる。

 

 

 

今回の経験は、他の人にとっては多分ここまで辛い経験にならなかったと思う。ちょっと嫌な気持ちになるくらいで済んでたと思う。

 

でも、わたしは留学以降、自分が意識し続けてきた、大切にしてきたモットーを破ってしまったから、本当に痛々しい傷ができてしまったみたい。

 

  

 

経験の昇華

でもブログに書いてみて、この辛い経験を、今後の学びにしようと思えた。

 

自分について知れた

まず一つ目に、わたしがこんなにも人種差別や偏見が嫌いで関心も高いと知れたのは、今回の経験があったから。

 

一枚目の画像を見せられて空気を読んで笑った時は、まさか自分が翌日まで辛い気持ちが治らないほど、この問題への意識が強いと知らなかった。

 

もともと国際交流や英語が好きで「色んな国の文化を学んで日本との違いを知るのが好き!」とは知ってたけど、

 

その根底に、自分が「自分の中の偏見と戦って、いろんな国のいろんな文化を知って、その違いを面白いと学んで生きたい」って気持ちがあることを知らなかった。

 

 空気を読まずノーならノーと言う

それから二つ目は、これからは空気を読まずノーならノーと言おうと思えたこと。

 

こんなに引きずるくらいなら、一瞬の気まずさのほうを選ぶほうが幸せに決まってる。

 

将来色んな国の人と関わる仕事がしたいと思ってるけど、そのときに今回のように自分が嫌だと思う考え方に合わせてしまうと、多分かなり消耗する。翌日まで考え込むくらいには。

 

だから、今回の学びを生かして、今後は絶対にノーと言おうと思う。「そういうの辞めなよ!」とまで言えなくてもいいけど「私は好きじゃないな。」とは言えるようになる。

 

この気持ちを、将来の夢に活かしたい

三つ目は、今回の経験を今後の夢に活かしたいと思ったこと。

 

将来は、日本に住む人にも海外の多様な価値観を知ってほしいと思っていた。そういう活動がしたいと。

 

「働きすぎなくていいんだよ」「遊ぶのは悪いことじゃないよ」「人と同じじゃなくてももいいんだよ」と、ワタシが影響を受けた考え方を、日本の悩める人々に知って欲しいと思っていた。知るだけで楽になれるから。

 

でも今回の経験を通して、それ以上に「外国人って一言で言うけど、みんな一人一人、違うんだよ」って伝えたいと思った。

 

○○人だから○○とか、○○教徒だから○○って考えてしまう人を、一人でも減らしたい。

 

この考え方って、人間である以上完全になくなることはないし、こんなに意識してるわたしだってまだ無くなってない。

 

でも、少しでもこんな考え方を薄める活動がしたい。

 

真面目に仰々しくじゃないけど、ライトに、ポップに、そんなことを学べる場を提供できる人になりたいなぁ。いつか。

 

 

 

やっと、これで、昨日からの罪悪感から逃れられるかな。昇華できるかな。

 

おやすみなさい、ねこじまでした。

 

 

 

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてネ!①英語の勉強法②国際交流の話③フリーランス奮闘記…がメインの内容ダヨ