【自分の時間を手に入れる】タイムライン断捨離の仕方【メリット・デメリット一覧】


 

こんにちは!ねこじまです。

 

今日は私が9月から実践した『タイムライン断捨離』のについて紹介してみます。

 

『タイムライン断捨離』は私が超適当にさっき作った造語なんですが、簡単にいえば「Twitterを見ない時間を増やすこと」です。Twitterをやめるわけでもアカウントを消すわけでもありません。

 

べつに断捨離じゃないけど語呂いいからいいよね!

 

私はこの、やりすぎない方法が合ってたみたいで、ストレスが激減して、自分の時間がたくさんできて、幸福度が上がりました。

 

そしてなぜかツイッターのフォロワーも増えています(驚)

 

 

反面、トレンドに乗れなかったり、頻繁なコミュニケーションが取れなかったり、話題に入れなかったりデメリットもあります。あとブランド人には多分なりにくい。

 

 

だから、私の行ったやり方と、そのメリット・デメリットを、公平な視点から書いてみようと思います。

 

 

 

 

Twitter断捨離のやりかた

さっそくですが、まずは私のおこなっている方法を整理しておきます!

 

  1. Twitterを辞めるわけではない
  2. Twitterの『タイムライン』ページを見ないだけ
  3. Twitterのアプリは消し、Webから見る
  4. 自分のつぶやきはする
  5. リプライのお返事もする
  6. リプ/いいねをいただいた人のアイコンからその人の投稿を見に行く
    (向こうから反応くれる方(だいすきです)とはコミュニケーションを継続できる)
  7. 気になる人・好きな人を検索してその人の投稿を見る
    (自分の気になる人には自分からアクセスすればコミュニケーションがとれる) 

  
大事なところは赤字にしました。 タイムラインをだらだら見る時間を減らすだけで、ツイッターを削除するとか放置する、というわけではありません。

 

それから「自分のつぶやきはする」ので、そのおかげかフォロワーは減りません(むしろ多少増えます)

※ ちなみに「自分のつぶやきすらしない」日々もあったんですが、1週間で10人くらい減りました(笑)だから自分のつぶやきは、フォロワー数維持の観点からすれば、するべきですね。

 
また、私の場合、自分のつぶやきに反応をくれる人とは絡めるルール(?)にしました。それに加え、自分が好きな人のつぶやきは、反応の有無とかおいといて、検索して見にいってました。

 

 

 

要するに「とにかく情報が垂れ流しに見える」タイムラインだけ断って、普通にツイッターはしてるんです!

 

そしてそれを行ってからの幸福度がとっても高いので、今ツイッターをやっててなんかもやもやしてる人向けに記事を書いてます。

 

(ツイッターをやっててそんなにストレスを感じない人なんかは特に気にしなくていい内容です。) 

 

ちなみに、この方法に落ち着くまで、Twitterに割く時間を削減しようと色んな方法を試しました。

 

「Twitterアプリを消して、Webからログインする」なんていうのは合計10回くらいおこなって、毎回失敗してましたね〜

 

(はぴログをアップするためにTwitterアプリダウンロード→ずるずるタイムラインを流し見、という流れが出来上がってしまっていた)

 

だけどこの方法に落ち着いてから、かなり無理なく、Twitterとちょっとだけ距離をおくことができました。手順というほどのものはないけど、まとめると以下のとおりです!

 

 

① アプリのアンインストール

まず、スマホのTwitterアプリをアンインストールします
 

  

② 通知欄をお気に入り登録

WebでTwitterにログインして『通知欄』を、スマホ/PCのお気に入り登録する

 

f:id:nenenekojima:20181001151220j:plain

 

③ その後

  • 書きたいタイミングで書きたい投稿をする。
  • たまにWebから『通知欄』にアクセスする。反応をいただいてたら返す。(私の場合、日にもよるけど1日1〜10回くらいアクセスしてるかなぁ)
  • いいねくれた人とかで、見たいなって思ったらその人の投稿を見にいく
  • 好きな人の投稿、気まぐれでダダダってまとめて見に行く(こわい)

 

やり方について一言

たいしてすごい方法ではないけど、多分この「通知欄をお気に入り登録」というのが、ちょうどいい距離で離れられた理由だと思ってます。

 

お気に入りに登録された「通知欄」を目撃するたびに「だらだらとホーム画面、見ないぞ」 っていう決意を思い出せるからです(笑)

 

多分これがただツイッターホーム画面へのリンクだったら、結局気まぐれでタップしてはだらだらとタイムラインを見ていた気がします。

 

最初のころは何度も「通知欄」ページから「ホーム」画面をタップしそうになったけど、強い意志をもって通知欄しか見ないように徹底しました(笑)

 

そしたら3日くらい経ったあたりには、もうツイッターの世界のことは、気にならなくなっていました(笑)

 

そんなTwitter断捨離を1ヶ月ためした末に感じた、メリット・デメリットは以下のとおりです。

  

 

Twitter断捨離のメリット

 

  • ひまな時間が増えた(早寝になった)
  • 本当に関心があることに思考をもっていけるようになった
  • ストレスや悩みが減った
  • 「ツイッター」を意識した行動がなくなった(自意識過剰がなおった)
  • フォロワー地味にだけど増えた(別に減りはしない)

 

ひまな時間が増えた

Twitterを見ないことによって、まず物理的に暇な時間が増えました。

夜寝る前に布団でだらだらといじる時間がなくなって、夜、スマホをいじらずに早めに眠りにつけるようになりました!

 

おかげで、朝も無職の割には早起きできてます。うれしい

 

 

 

それから、「ツイッタまわりについて考えなくていい」という精神的に暇な時間もふえました。

 

なので、9月から毎週のように近所の図書館に行って、気になる本をたっくさん借りて読んでいます。数えたら10冊以上は読んでるかな〜!

 

暇になったおかげで「自分はこういうことに興味があるのかぁ」と気づけました。

 

自分の好きなことで知的好奇心を満たすのは、幸せになる近道だと思ったし、多分将来的にもなんかしら役に立つ気がします。

 

(ちなみに会社員のときは、ツイッターとの相性がとても良かったです。現状に不満しかなかったので、ツイッターで新しい世界を探しては覗いてました。ツイッターのおかげで、色んな働き方や海外で暮らす人のことも知れたと思ってます。)

 

 

本当に関心があることに思考をもっていけるようになった

上のに似ているけど、これが一番大きいかな。

 

Twitterのなかで情報のシャワー浴びていると、今の私に必要のないことでも、考えを及ばせてしまっていました。まぁ暇人だからこそ、ですね〜(笑)

 

例えば、ツイッターでは色んな人が、様々なものごとの是非についてよく議論を交わしてます。〇〇は行くべきしvs行かないべし、などなど。

 

私はこういうのを目撃すると、ついつい色んな意見が知りたくなってひたすら眺めてしまったり「私はどう考えるかなぁ」なんて自分の思考を掘り下げたり、してしまうんです。

 

でも、ふと思うんです。それ今の私が考えるべきこと?って。もっと他にやりたいこと、考えたいことない?って。 

 

時間が無限につかえる無職ゆえの贅沢な葛藤かもしれません!(自分で自分の時間を何に使うか考えないと、ひたすら情報のインプットで終わってしまうから…)

 

 

 

ほかにも、たとえば留学についても「あれが正しい」「これはこうだ」と色んな意見を見て、5〜6月あたりの、将来について悩んでる時期は翻弄されてしまっていた気がします。

 

いまどき留学ってナンセンス、っていうの見て、うぅ…となってました。)(語学だけじゃAIに負ける、とか、ハーフに勝てない、とかね。)(でも私はアメリカでキャンパスライフ送りたい!肌感覚で文化や人種について知りたい!という部分も強いし、そもそも自分の人生だから、別に何も気にせず行けばいい話であった…)

 

今回、 ツイッターに触れる時間をへらして、情報のシャワーを浴びることを避けたら(必要な時に水道をひねるようにしたら)

 

思考がクリアになりました。 本当に自分が興味関心のある分野について、考えを巡らす時間が増えました。

 

幸福度も高いし、なんか高次元にいる気がして、毎日ほんとに楽しいです。

 

今の、無職で時間が大量にある時期は、情報は、こっちから思いを馳せてから調べた方が効率いいなぁと思いました。時間が無限にあるからこそ、能動的に頭を使わないといけない、のですね。

 

 

ストレスや悩みが減った

Twitterでは、人とのコミュニケーションもたくさん取れます。

 

私は今までTwitter上で人間関係のトラブルなんて一切ないし、フォローしてる人もしていただいてる人もとっても良識あるひとばかりで、恵まれてるとおもってます。

 

ただ、自分とは関係ないいろんな交友関係を目にするのって、それなりに疲れるなぁと思っていました。

 

私は、自分とその人との二者間の情報しかいらないのに、第三者を通して伝わってくるものとかがツイッタにはありふれていて、それがあんまり得意じゃない気がしました。

 

これは、別に悩んでたわけでもなんでもなく、1日の中のほんのちょっとしたノイズ程度。だけど、ツイッター断捨離をしてみたら、予想以上にスッキリ感を感じてしまいました!

 

 

「ツイッターの世界」を意識した行動がなくなった

「先週ああいったけど、結局あれやってない」とか「まえにこれを目指したけど結局かわっちゃった」とか色々ありませんか?私はおおいにあります(得意げ)

 

これ、「やっぱ変わりました〜」で済む話だし、それでいいとおもってます。

 

というか誰もそんなに私のことに注目してないと思います!

 

だけど私はなぜか「あぁ結局あれやってないなぁ」とか色々自分の矛盾に気づいて、消極的になっちゃう性質がありました。

 

それが、Twitter断捨離をして、Twitterに触れる時間を減らしたら、自分がブレてるとかなんとか、何も気にならなくなりました(笑)

 

主張がコロコロ変わろうが、先週と頑張るもの変わってようが、自分がそのとき一番やりたいことを、言い訳なくやれるようになりました。

 

これはいいのか悪いのかですね。

SNSを通して目標を宣言して、それをコツコツ続けて行くことで信用を得ている知人もたくさんいます。だから本当はそうやって前向きに目標を目指すツールとして適してるんだとおもいます。

 

ただ私の場合、昔から「無言実行」派「人にアピールするのが苦手(自分は自分、という意識が強め)」なので、そういう使い方がハマらなかったんだろうなぁと思います。

 

 

フォロワー地味にだけど増えた

伸び率は低いのだろうけど、1ヶ月で100人くらいは増えてるかな?と思います。たぶん。

 

たくさん減ったんだけど、たくさん増えた、印象があります。同じ匂いの人をより多く取り込めたとしたら、とても嬉しいです!いぇい

 

もともとこのツイッター断捨離はフォロワー減ってもいいからやってみよう〜と思ったんです。

 

だから、戦略0で好きなこと書いてるだけの上、だれかのツイートに自分から反応することもほぼ皆無。

 

それなのに、フォロワーが増えるのは大きな発見でした。

 

ちなみに上にも書いたけど「自分の投稿すらしない」「ツイッターにアクセスすらしない」時期は減ります。(なんでだろうね?)だから、そこだけ気をつけてください!

 

 

Twitter断捨離のデメリット

 

  • 流行や企画に乗れない
  • コミュニティに入りづらい・居づらい
  • ギブアンドテイクの「ギブ」ができない

 

流行や企画に乗れない

そりゃそうだわな、というかんじです。

 

たとえば、私が「参加できてよかった」と思っている、大好きな人たちと仲良くなるきっかけをもらった『#はぴログ』のような流行りがあったとしても、今の私はわかりません。

 

 また、中村創くん( @soooo_nakamura)の募集していた、スキル交換の企画。

 

 

こういったものに、俊敏に応募できません!

 

(今回は創くんのご厚意で、遅れて反応したものの対応していただけました。しかしこれがもしも仕事関係だったり、納期のあるものだとしたら、難しいとおもいます。)

 

 

コミュニティに入りづらい・居づらい

リプライをいただいても、アプリ経由ではなくWeb経由でツイッターをいじっている以上、返信がすごく遅れてしまいます。ごめんなさい。

 

だから、SNSのノリが悪いって思われて当然だとおもってるし、いろんな場所で仲間に入りづらいかも?と思ってます。

 

ただ幸いなことに、私はどちらかというとふわふわして一人で漂ってるほうが好きなタイプなので、むしろ今の状態がとてもあっているようです。

 

あとは私の場合、実際は結構ノリいいタイプなので(SNSと違ってコミュ力高め)オフラインで会える機会があるときに、友達になってもらってます(笑)お友達になってくれた方、ありがとうございます。

 

 

『ギブアンドテイク』のギブができない

これは『ツイッタ断捨離』の課題!!ですね。一番のデメリット〜

 

自分から、人の投稿を読んで反応があんまりできません。

 

上にも書いたように、向こうから私に反応をくれる人のタイムラインは見えるし、たまに誤って「ホーム」画面をタップしてしまったときなんかは、フォローしてる誰かのつぶやきが見れます。

 

だけど、基本的には、流れてくるものをキャッチすることはできません。

 

だから知人の素敵な投稿の拡散のお手伝いしたり、友人が取り組んでることに気づいて、応援のコメントをすることも難しいです。(気づけないため)

 

これに関しては、すごく申し訳ないなぁとおもっています。私は、周りからかなり与えてもらってるからです。

 

先日も、英語学習で私がメンターをしていた、イラストレーターのますぶちみなこさん(@masco)が、私のことをを記事にしてくれました(ラブ)

 

 

そしてそれを、ZICCOさん(@ziccommune)が、拡散してくれました。

 

おかげさまで、メンターとしての信用が得られるし、広告効果もあります。お二人はそこまで見込んで、協力的な態度をとってくださったと思うので、本当にありがたいし幸せです。

 

私も、この2人に直接じゃなくとも、他の人にそういうふうに、何かを与えられる人でありたいなぁ〜と思っているのですが

 

いまの私のツイッター断捨離の方法だと、そういう知人の取り組み素敵な投稿に気づきづらいのが現状です。

 

今のところは、テイクしたら全力でギブし返すようにしてるのですが、なにか方法を考えたいなぁとおもってます。

  

 

Twitterが必要な時期とそうでない時期

私に限って言えば、ツイッターを頻繁にやっていてよかったなぁと思う時期と、控えたほうがよかっただろうなぁという時期がありました。

 

だから、今はその「控えたほうがいい時期」であるだけだとおもってます。

 

ツイッタそのものについて否定意見を述べる気もさらさらなければ、ツイッタで情報を得たり、コミュニケーションをとって楽しんでる人へ、どうこういう気もないです。

 

 

 

例えば、会社をやめるとき。

ツイッターを通して、会社をやめた人・フリーランスを目指し始めた人、実際に会社をやめたものの楽しく生きてる人、の様子を見れたのは、本当に大きかったです。

 

 (多分ツイッターをやってなかったら「フリーランス?なにそれ?専門学校とか出てるスキルのある人がなるやつ?」という感じだったとおもう(笑))

 

それから、フォロワーが100人くらいのとき。

あの段階で今のように『タイムライン断捨離』なんてやって、ツイッタをいじらなかったら、今「出会えてよかった」と思う、知り合いには、8割以上出会えてなかったとおもいます。

 

あの時期は、多少ストレスを感じようが、色んな人に絡んで、情報をインプットしまくって、アウトプットしまくる、その方法でよかったと思ってます。

 

というのも、フォロワーが少ない時期に、多くのインフルエンサーさん・ブロガーさんと少しながらも関係性を築かせてもらったおかげで「ねこじまさん=あやしい人じゃない、やばい人じゃない」という最低限の信頼を得られたからです。

 

(とくに、会ったこともないひろきさんの運営するロップ家で管理人として泊めていただけたのは、ツイッタで発信していて、最低限の信用があったからだとおもっています)

   

 

Twitterが楽しめる人とそうでない人

あとは時期以外の問題で、向き・不向きもあるとおもっています。

 

私のまわりには「天性のエンタメ気質だなぁ」と思う人がたくさんいます。

 

身の回りのことをコンテンツ化できる人、とにかくノリよく「やってみる」人、ネガティブなことも上手にコンテンツ化できる人、人との文字でのコミュニケーションを楽しめる人、

 

名前をあげたらきりがないのであえて割愛するけど、私のだいすきな人たちです。

 

自分にないものを持ってる人にすごく惹かれるタイプなので、そういう人たちのことは、アイドルを好きなのと同じ原理で、と〜ってもだいすきです。勝手に憧れて崇拝してます。

 

でも、私はそういうタイプじゃないんです!

 

そう、私は「まずはやってみよう」が苦手だし、新しい物が好きでもない(自分が「これ!」っておもわないと流行ってても、逆に歴史があっても、興味ない)、そしてなにより文字だとノリが悪い(致命的すぎない?)

 

そんな私が、そういう私が憧れる人たちと、同じ土俵に立とうとすると、慣れないことなので疲れてしまいます。

 

同じ土俵に立って、周りから見たら成功してるように見えたとしても、多分私の心中は幸せではないから、それは成功とはいわないかなぁ〜、と!

 

 

 

だから、ツイッターの発信はそんなに頑張らないし

 

(元から目指してないけど)ブランド人にはならないし

 

フォロワーが増えなくても

 

ノリが悪くても

 

自分の興味のあることに、思いを馳せて、研究して、なにか考えて、生み出して。そんな時間の使い方を、

 

今は選ぼうとおもいます。

 

 

さいごに

フォロワーを増やすことや、Twitterで交流を深めること、Twitterで情報を集めることを否定してるわけでも、冷めた目で見てるわけでもないです。

 

いまTwitterを楽しんでる人、それはひとつの長所だとおもうので、続けたほうがいいと思います。楽しくできることに時間って使うべき。

 

また正解のわからない方は、とりあいずフォロワーを増やすのを目指していいと思います!それ自体が間違っていると思ったことはないです。

 

信用が得られて、すごい人と友達になれて、自分のビジネスも展開しやすい!

 

 

 

だけど、私のように、ツイッタをがんばること、が性に合わないと薄々感づいてる人。今は色んな情報に触れたい時期ではない人。

 

もしかしたら、私のように一時的にでもツイッタ断捨離してみたら、日常の幸福度が、がくんと上がるかもしれません。

 

そうやって一度余白を作った上で、自分はSNSに何を求めてるのかを、考えてみてもいいかもしれませんよ〜

 

上手に情報と距離が取れるようになって、上手にSNSを活用できたら、自分の好きなことに時間を使えて、ストレスの少ない日々が待ってると思います。

 

 

 

ではでは、ねこじまでした〜

 

 

 

感想など一言でもいただけたら嬉しくてとっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイートさせていただきます!

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます!