【古民家カフェ】浦和のおすすめカフェ・ギャラリー「楽風(らふ)」


f:id:nenenekojima:20181015114533j:plain

 

こんにちは、ねこじまです。

 

今日は、浦和にある「楽風(らふ)」という日本茶カフェの紹介をします。

 

ここは、カフェといっても「珈琲」や「紅茶」をメインで取り扱ってるわけではありません。なんと、美味しい「緑茶(日本茶)」が飲めるんです。

 

というのも、このカフェ、江戸時代から続く老舗のお茶屋さん(青山茶舗)の敷地内にあります。

 

元々はお茶の保管庫だった納屋を改築し、カフェギャラリーとしてオープンしたんだとか。

f:id:nenenekojima:20181015103255j:plain
http://rafu-urawa.com

 

明治24年築の納屋・・・すごいですよね。

 

そんな歴史が詰まってるからこそ、まるで時代をタイムスリップしたかのような空間で、美味しいお茶が楽しめるのかもしれません。

 

この記事では、そんな楽風について、ご紹介します。

 

 

 

 

「楽風(らふ)」場所・アクセス

まずは、場所からご紹介。浦和駅から歩いて徒歩7分ほどです。

 

 

住宅街の並びに、突然、看板があらわれます。普通のおうちの入り口みたい!

 

 

 

まさに隠れ家カフェです。

 

 

日本茶カフェ「楽風(らふ)」に行ってみた

とある休日、家族4人で行ってみました。

 

車で行ったのですが、駐車場はないので、コインパーキングに停めました。駅からとても近いので、可能ならば電車で訪れたほうがいいかもしれません。

 

敷地の中(おうちの庭みたいなところ)に足を踏み入れると、納屋を改築したカフェがありました。

 

 

 

靴を脱いで入るのですが、田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような心地になって素敵でした。

 

ちなみに店内の様子はこんな感じです。(公式サイト より)

f:id:nenenekojima:20181015103636j:plain

 

これらの席が全て埋まるくらい、人がたくさんいました。

 

メニューはこんんなかんじ

 

f:id:nenenekojima:20181015110445p:plain

 

日本茶の種類の豊富さに、感動します。

 

というのも私、飲み物の中で日本茶が一番大好きでして(茶渋で歯が茶色くなるほど飲んで、歯医者さん行ったことあり)

 

いっつも「カフェに日本茶がもっとあればいいのに」と思ってたんです。

 

そんな私が興奮するほどの、日本茶のラインナップ。ただただ幸せでしたね。

 

これだけ種類があると悩んじゃうのですが、私は聞いたことがなかったのと、名前の響きが可愛いので「ぐり茶」をチョイス。

 

一緒に行った家族はみんな違うものを選んでいたので、一口交換したりしました。どの緑茶もひとつひとつ味に特徴があって、とても美味しかったです。

 

お茶屋さんが営んでいるというだけあって、お茶の淹れ方へのこだわりも素敵。 

 

なんと、店内に置いてある茶釜で自分でお湯を注いで、お茶を淹れるんです。

f:id:nenenekojima:20181015103632j:plain
http://rafu-urawa.com

 

店内には、物販コーナーもあって、お茶を飲みたくなる器などが展示されています。

f:id:nenenekojima:20181015103252j:plain
http://rafu-urawa.com

 

また、浦和周辺のお店のマップポストカードなどもたくさんあって、地域に根付いたお茶屋さんなんだだなぁと、ほっこりしました。

 

そして、この楽風、二階は、ギャラリーになってます。

 

もともと納屋だったというだけあって、二階の「隠れ家」感は、半端ないです。

 

この日は、皮でできた小物や美術品の展示と、販売が行われてました。購入していないので写真は撮ってないのですが、畳の部屋で、様々な作品を眺められて、幸せでした。

 

私、ハンドメイドのものを見ると、買わないでも幸せな気持ちになれます。作り手の人を近くで感じるからか「ものを大切にしよう」って無意識に思えるんですよね。(まぁiPhone画面ばきばきなんですがね。)

 

店内にあるひとつひとつの小物がどれも素敵で、いるだけで幸せな心地になりました。

  

 

浦和の穴場カフェ「楽風」店舗情報

定休日 :水曜

営業時間:10:00〜19:00

住所  :埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12

 

▼公式ホームページ

楽風 - さいたま市 浦和の日本茶喫茶 ギャラリー

 

 

 さいごに

「楽風」には紹介したい点がありすぎて、記事執筆という点で言えば困りもしました(笑)

 

  • めずらしい「日本茶カフェ」という側面
  • 「隠れ家カフェ」であること
  • お茶屋さんの納屋を改装したという粋な試み
  • 2階が「ギャラリー」である点

 

魅力的なポイントが多すぎて、どれを切り口に紹介しようか悩んでしまうほどでした。

 

ですが、それだけ魅力があるからこそ「どれに一番感動するか」が人によって違って、様々な層の人に愛されるカフェになったのかとも、そう思いました。 

 

浦和にある、日本茶が飲める隠れ家カフェ「楽風(らふ)」、ぜひ行ってみてね。

 

ではでは、ねこじままでした。

 

 

 

▼埼玉のカフェが気になったらこちらもチェック

 

 

 

感想など一言でもいただけたら嬉しくてとっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイートさせていただきます!

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます!