【紅葉】埼玉県の平林寺に行ってみた【ブログで画像や歴史を紹介】

f:id:nenenekojima:20181122190207j:plain

 

こんにちは、ねこじまです。

 

先日、家族で埼玉県新座市にある『平林寺』に行ってみました。

 

実家が埼玉にある私は最近「埼玉県内の素敵なところ」を探すのにはまっています。そんな私を見て、父が「平林寺に行こうか」と提案してくれました。

 

正直聞いたことのないお寺だったので、そんなに期待をせずに行きました。

 

でも、いざ行ってみたらびっくり。埼玉県にこんなところがあったのね!とおもうような、立派なお寺ではありませんか。

 

平林寺ってどんなところ?公式サイトの「歴史の説明」が難しくてわからない!

平林寺の中の様子は?紅葉の見頃はいつ?

など、私が行く前に知りたかったことについて、今日はご紹介してみますね。

 

 

「平林寺」場所・アクセス

 

Googlemapで確認して欲しいんですが、平林寺、とにかく広いです。

 

そのため、「新座駅から近い」なんておもわないように。駅は入り口と反対側にあるので、歩いたら相当かかること間違いなしです!

 

「電車とバス」か「車」で訪れましょう。

 

私たちは車で行ったため、平林寺の入り口の目の前の有料駐車場にがありました。(1台500円)(無料駐車場はありません!) 

 

入り口のある通り。突然「雑木林」に来てしまった感があります。

f:id:nenenekojima:20181121155122j:image
←入り口 駐車場→

 

駐車場横にはお店もあります。

f:id:nenenekojima:20181121155148j:image

 

バスは乗ってないのですが、入り口の目の前に「平林寺」という降車駅がありました。

f:id:nenenekojima:20181121155155j:image

これだけ人も多く有名なので、おそらく新座駅やそのほか近隣の駅から頻繁にバスが出ているのでしょう。(行く前にはご自身で確認を!)

 

 

下調べ編(簡単な歴史の紹介など)

今回行ってみて思ったのが「これは知識があった方が楽しいんだろうな」ということでした。

 

私は下調べもなにもしないで行ってしまったので、森林浴紅葉景色しか楽しめなかったんですよね。

 

あとで公式サイトなんかをみて「なるほど〜」と学んだのですが、ここでは知識を得た私が、みなさんが行くときに少し景色が違って見えるよう、簡単に説明してみようかと思います。

 

平林寺とは?

臨済宗のお寺です。

 

境内林は、武蔵野の面影を残す雑木林として国の天然記念物に指定されています。

 

秋は紅葉が有名で、紅葉を見に、多くの参拝者が訪れています。

 

 

その歴史は?誰にゆかりがあるの? 

今年に入ってから日本史を初めて勉強した「歴史無知だった」ねこじまが、なるべくわかりやすく説明してみるよ!

 

平林寺はもともと武蔵国(現在のさいたま市岩槻区)に創建されたそうです。(1375)

 

「1375年っていうと、室町時代(南北朝時代)だね!信長やら秀吉やらが活躍し始める戦国時代のちょびっと前だ〜

 

その後、戦国時代に突入すると、埼玉のあたりは、豊臣秀吉による小田原征伐の戦禍を受けるそう。岩槻にあった平林寺も多くの建物を失い、塔頭(たっちゅう)のひとつが辛うじて焼け残る有様だったとか。

 

そこへ、徳川家康が鷹狩に埼玉を訪れ、平林寺の由緒を聞いた家康は、平林寺の再興を約束、復興資金と土地を寄進したそうです。

 

ここから松平さんのお話になるよ

 

家康が関東にくるときに、一緒にやってきた家臣(大河内秀綱)の孫が、松平家の養子になった松平伊豆守信綱(まつだいらいずのかみのぶつな)。

 

徳川家に仕え、第3代将軍家光、第4代将軍家綱のもとで幕府老中を務めた、エリート君です。

f:id:nenenekojima:20181122100723j:plain
https://ja.wikipedia.org/wiki/松平信綱


(このへん漫画『大奥』で読んだばっかだから、わかるんだよね〜)
 

そんな松平伊豆守信綱は、大河内松平家を興して、松平の人々を平林寺に篤く弔ったそうです。

 

一族は代々に渡って大河内松平家廟所(平林寺の中にある松平家のお墓)で供養され、今日に至るまで、平林寺が同家の菩提寺となっているそうです。

 

老中までつとめた幕府内のエリート松平一族は、いまでも平林寺で供養されてるなんて、すごいなぁ。

 

「平林寺」に行ってみた

では実際に、境内を歩いてみた様子を、写真とともにお届けします。

  

▼境内のマップ

f:id:nenenekojima:20181122105818j:plain
http://www.heirinji.or.jp/about/keidai.html

 

私たちは、①から順番に見てぐるっと歩いてきました。

 

駐車場から空を見上げました。もうすでに、都会の喧騒を忘れさせる景色がありました。

f:id:nenenekojima:20181121155140j:image

 

いざ、入り口へ。

f:id:nenenekojima:20181121153842j:image

 

ここで拝観料が500円とられます。(細かい料金などは、下記の「詳細情報」項目に載せてます!)

 

もらった半券が「入山証」「なんか、厳かなお寺なんだなぁ」とおもいました。雰囲気の話ですが。入山って、とても本格的な感じがしますよね。

f:id:nenenekojima:20181122183325j:plain

 

そうそう、全体的に「サービス業」「観光業」の匂いを感じさせないお寺でした。あんまり観光客を呼ぶことや、集客すること、等に関心がなさそうな印象を受けました。御朱印もやってないしね。

 

平林寺は禅修行の専門道場です。
入山には修行の妨げとならぬよう静粛にお願いします。修行に関わるエリアの立ち入りを固く禁じます。

 

 公式ホームページにもこんな風に書かれていたので、本当に「僧侶のためのお寺」なのかもしれませんね。

 

案内図。

f:id:nenenekojima:20181121155135j:image

 

とっても広い平林寺ですが、正直な感想として「The見所」「The写真スポット」のようなものは少なかったです。

 

「森林浴」「空気の澄んだ雑木林を歩く」というのがメインに近かったんですよね。

 

あとは、「歴史を知ってる人はもっと楽しめるんだろうなぁ」と歩きながら思いました。(それもあって、上記に「平安寺の歴史」を簡単にまとめてます。)

 

昭和天皇も来たんですかね…!

f:id:nenenekojima:20181121153810j:image

 

これが『山門』

f:id:nenenekojima:20181122105155j:plain

築350年の風格を湛える平林寺のシンボルだそうです。

 

日に当たるところの木々は、綺麗に紅葉していました。

f:id:nenenekojima:20181121155229j:image

藁葺き屋根で、紅葉がよく映えます。 

 

大きな木もありました。

f:id:nenenekojima:20181121155217j:image

 

ふむふむ。(あんまりわかってない。)

f:id:nenenekojima:20181121153826j:image

 

池もありました。『放生池(ほうじょういけ)』というそうです。

f:id:nenenekojima:20181121160531j:image

 

鯉がたくさんいました(ちょっとこわいくらいいました)

f:id:nenenekojima:20181121155208j:image

 

道順に沿って歩いていると紅葉が綺麗な広場がありました。

f:id:nenenekojima:20181121155118j:image

 

「火気厳禁」。漢字が可愛くて撮影。

f:id:nenenekojima:20181121155213j:image旧漢字でしょうか?おしゃれなデザインに見えます。

 

『野火止塚』
f:id:nenenekojima:20181121155114j:image

 

さらに奥まで歩いていると、お坊さんのお墓につながる道がありました。趣深い景色だったので父と撮影。

f:id:nenenekojima:20181121153853j:image
f:id:nenenekojima:20181121155221j:image

お坊さんのお墓は、普通の私たちのお墓と違くて丸い形の石でできていて、かわいかったです。(写真はとりませんでした。)

 

苔が可愛い。
f:id:nenenekojima:20181121155225j:image

 

それから、数少ない見所のひとつ。歴史のところで説明した『松平伊豆守信綱』のお墓です。
f:id:nenenekojima:20181121155131j:image

 

お墓、これくぐるんですよね。

f:id:nenenekojima:20181121153835j:image

昔の人はこんなに小さかったのでしょうか?さすがにないかな?

 

お賽銭は承ってないようだったので、鐘を鳴らして、手を合わせました。

f:id:nenenekojima:20181121153805j:image

 

お寺は仏教だから、手をパンパンしちゃいけないんだよ!(最近ガイドの練習で覚えた)

 

それから一度「平林寺」を出て、道路をはさんで向かいにある『睡足軒の森』というところに寄ってみました。

f:id:nenenekojima:20181121153822j:image

でもこちら、「2019年3月31日まで閉園中」 という張り紙があり、見れる範囲が狭くなっていたみたい。

 

中には入れないけど、こんな古民家があったり。

f:id:nenenekojima:20181121153819j:image

 

中には入れないけど、こんな場所もありました。(「紅葉亭」)

f:id:nenenekojima:20181121155128j:image

催事に使うところみたいです。

 

「平林寺」境内の紅葉の様子(2018年11月21日現在)

以下の写真をみてもらえれえばわかるかもしれませんが、「見頃はまだかな?」という印象でした。

 

f:id:nenenekojima:20181121153830j:image

f:id:nenenekojima:20181121155159j:image

f:id:nenenekojima:20181121155144j:image 

 

陽の当たるところは綺麗に色づいてるんですが、でもまだまだ緑の木々も多かったんです。

 

公式サイトには「11月15日頃〜12月上旬が見頃」と書いてありますが、今年は暖かかったのか、もう1〜2週間後がちょうど良さそうだと思いました。(11月末〜12がつ頭)

 

ご参考までに!

 

 

 

「平林寺」詳細情報

入山時間:9:00~16:30(最終入山時間は16:00)

閉門日:12月31日

御朱印:なし

 

入山料:大人:500円(30人以上の団体は400円)

入山料:小学生以下:200円(30人以上の団体は100円)

 

ちょっと割高な印象もあるけど、入山志納料は、国指定天然記念物平林寺境内林の整備に使われているそうです。

 

公式ホームページ:野火止 平林寺 公式サイト | 臨済宗 妙心寺派

 

 

最後に(感想)

埼玉県内のご近所に、こんな場所があると知らなかった私は、

 

今回「平林寺」に行ってみて、もっともっと埼玉県の観光地や素敵な場所を知りたいなぁとおもうようになりました。

 

月間4000PVほどの弱小個人ブログではありますが、少しでも埼玉県内の素敵な場所についてシェアできるよう、訪れた箇所については書いていけたらなぁとおもっております。

 

▼埼玉県のおすすめスポット紹介関連記事 

www.nenenekojima.com

www.nenenekojima.com

 

 

ではでは!ねこじまでした。

 

 

感想など一言でもいただけたら嬉しくてとっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイートさせていただきます!

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます! 

 

プライバシーポリシー