【カチクラ】ぶらり散歩してみた【蔵前おすすめスポット4選】


f:id:nenenekojima:20181006010722j:plain

 

こんにちは、ねこじまです。

 

みなさんは『カチクラ』って聞いたことありますか?

 

実は、都内のとある下町エリアを表した言葉で、最近お散歩好きのなかでその街の注目度が上がっているんです。

 

散歩好きの方には、ぜひ抑えていただきたいこのエリア。さっそく紹介していきます!

 

 

 

 

カチクラとは 

御徒町〜蔵前のあたりのエリアのこと。「オカチマチ〜クラマエ」と、2つの地域の名前を組み合わせたところからきています。

 

すっごい雑ですが、マップで四角に囲んでみました。

だいたいこのあたりです。

 

(ちなみに「秋葉原〜御徒町」間のことは「アキオカ」と呼びますが、「カチクラ」の中に「アキオカ」も含まれていると考えて、今日は書いていきます。)

 

 

カチクラが近年注目を集める理由

もともと御徒町・蔵前のあたりは、「モノづくり」の職人さんが多く居るエリアだったそうです。そのためファッションや雑貨、玩具などの工場・問屋さんなどが点在しているとか。

  

f:id:nenenekojima:20180509174629j:plain
f:id:nenenekojima:20180509174659j:plain

http://kakimori.com/people

 

しかし伝統的な「モノづくり」は、時とともに少しずつ廃れていってしまう今日の世の中。

  

そんな中、ここ「カチクラ」エリアでは、ローカル企業や職人さんと、若いクリエーターさん手を組み、共存し、ものを生み出したり、面白いイベントを開いたり、新しい風を吹かせているんです。

 

そしてそういった活気あるエリアには人が集うため、最近はお洒落なカフェも多く出来てきています。

 

なんといっても驚くのが、このカチクラ、実は日本で有名になるよりも先に海外メディアで有名になっていったんですよね。(私は、訪日外国人向けの観光情報メディアで知りました)

 

日本人の私たちも知らないのに海外の観光客はすでに目を付けてるんだ、これは早めに行かなくては…!

衝撃を受けたので、実際にお散歩してみました。

 

訪れたなかで絶対にはずさないおすすめスポット4点にしぼってご紹介します!

 

 

カチクラのおすすめ4選

ちなみにご紹介する場所はすべて、上の【ねこじまっぷ】にピンを立てています。読みながら場所が気になった場合は上のマップを見てみてくださいね。

 

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN

f:id:nenenekojima:20180511150857j:plain

 

JR秋葉原駅御徒町駅の高架下にある、秘密基地のような場所。

 

f:id:nenenekojima:20180509165836j:plain

 

ここはJRが運営するアーケードで「モノづくり」をテーマとしたお店が並ぶ場所。

 

コンセプトは以下のとおり。

 

 かつて御徒町周辺は、江戸の文化を伝える伝統工芸職人の街でした。

 

 このところ、東京の東エリアがおもしろくなってきています。ギャラリー工房カフェショップなど、角度の高いセンスとクオリティをもった人々が東エリアに移りはじめているのです。この流れを背景に「ものづくり」をテーマとした施設が、御徒町エリアに登場します。

 

 御徒町エリアは、「職人の街」から「2k540 AKI-OKA ARTISAN」として生まれ変わります。

2k540 AKI-OKA ARTISAN

 

中に足を踏み入れると、線路の下の空間だということを忘れる洗練された空間が待っています。

 

 

f:id:nenenekojima:20180511153551j:plain

 

アーケード式にお店が連なってるのですが、どのお店も「ものづくり」をテーマにしてるお店ばかりなので、見てるだけで本当に楽しいです。

 

カフェも数店あるので、ランチ休憩もできます。

 

私は数回訪れてるのですが、毎回毎回、その素敵な空間にのみ込まれて、自分も何か作りたいようなクリエイティブな気持ちになって帰路につきます。

 

ちなみに名前は「2k540(ニーケーヨンゴーマル)」ですが、みなさん覚えられなくて「アキオカ」と呼んでいるようです。(かくゆう私も)

 

 

カキモリ

f:id:nenenekojima:20180509145949j:plain

 

文具好きの人の間では有名なカキモリという文具屋さん。広い店内に、洒落たデザインの文具が並びます。

 

f:id:nenenekojima:20180509164408j:plain

中央には、店員さんの作業場。

 

ここの文具たちは、蔵前の昔ながらの職人さんたちと提携して作ってるんだとか。

f:id:nenenekojima:20181006001001j:plain
 たのしく、書く人。カキモリ

 

素敵ですね。

 

ここに来ると、粋な封筒と紙とペンを選んで、誰かに手紙を書きたいような気持ちになります。そんな、文具を見ながら温かい気持ちになれる場所。喧騒の中にあるデパートビルの中ではなく、「蔵前」という町静かに佇む店舗だからこそかもしれません。

 

  

ちなみにここ『カキモリ』では『蔵前ぶらりマップ』がもらえるので、カチクラ散策の序盤で訪れると、よりいいかもしれません!

f:id:nenenekojima:20180511183256j:plain

  

 

ダンデライオン

f:id:nenenekojima:20180509164821j:plain

 

チョコレートの有名なカフェです。濃厚なチョコや、チョコを使ったドリンクが楽しめます。

 

こちら、有名店のようで外まで行列。店舗の中もレジまで行列。蔵前がそんなに人気だと知らずに来たのでびっくりしました。

 

でも、テイクアウトの人が多く「席は座れる」というので、購入後そのまま2階に持ち込み、カフェで休憩しました。

 

お洒落な空間。

f:id:nenenekojima:20180509164807j:plain

 

一緒に行った友人は「せっかくだから」と揃って「チョコケーキ」「チョコドリンク」をオーダー。

 

私は「チョコ飲むのは飽きそう」という理由から普通の紅茶をオーダーしたのですが、これが結果的にとても良かったです。

 

というのも、チョコケーキと、チョコの飲み物、そりゃあわないですよね。

友人はみんな「口の中がチョコすぎてしんどい」と言っていました。

 

(おかげで「ねこじまあげる」と、みんなからケーキをもらえて私としては嬉しかったのですが)

 

これから行くみなさんには、せっかくなので美味しい気持ちを楽しんでほしい。

 

  • 「チョコのドリンク」のみ or
  • 「チョコケーキ」と「普通の紅茶」

のオーダーを強くおすすめします。(おせっかいですが)

 

 

蔵前駅前のお店たち

蔵前の駅前通りは、お洒落な雑貨屋さんが点在していました。

 

f:id:nenenekojima:20180509144600j:plain

 

(驚いたんだけど、今こんな傘あるんですね)

f:id:nenenekojima:20180509164750j:plain


こういった雑貨屋さんが都心のショッピングモールの中にあったら、多分そんなに感性を揺さぶられないと思います。「おしゃれだな」って思うくらい。

 

でも蔵前にいると「モノづくりの町」を歩いてるという意識があるからか、一つ一つのものが作品に見えてきて、何を見ても、素敵な気持ちになりました。

 

 

モノマチ

f:id:nenenekojima:20181006003018j:plain
モノマチ公式サイト

 

こちらは年1〜2回開催のイベント(例年5月が多い)なので、私は行けてないのですが、今回カチクラに行ってからとても気になったので、ここで紹介しておきます。

 

毎年1回〜2回、街とモノづくりの魅力に触れることができる3日間のイベントで、この地域の企業・店・職人・クリエイター・飲食店が参加し、地域全体で盛り上がるそう。

 

私も次回開催は逃さずにチェックし、参加してみたいと思います。

 

公式サイトはこちら


 

最後に

以上、かちくらエリアの紹介でした。

 

歩いていると、大きなお店や巨大な駅ががあるわけでもないのに、人もお店も活気があるカチクラ。今後どんどん人気が高まりそうな予感がしました。

 

なにより、外国人観光客が目をつけているエリアなので、これから外国人観光客むけの「和」を意識したお店なんかも、できるかもしれませんね。

 

これを読んで気になった方は、カチクラが超有名スポットになって混み合う前の今。ぜひ行ってみてください〜

 

 

 

感想など一言でもいただけたら嬉しくてとっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイートさせていただきます!

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてね。最近は顔出し英語動画など載せてます!