英単語ってたくさん覚える意味あるの?YES編

f:id:nenenekojima:20180722231540p:plain

 

こんにちは、ねこじまデス

 

 

 

 

昨日更新した「NO編」の続きになります、まずコチラから読んでネ! 

 

 

 

改めて、英単語をたくさん覚える意味はあるのか?というお話をしていきます

 

 

 

 

 

 

おさらい

前回の記事たくさんの単語を『覚える』必要はない!と伝えました

 

もちろん現在のレベル・目指すレベルにもよるけど

 

勉強し始めの最初の段階から、単語量を増やして表現の幅を広げようとしても、話せないものは話せないので効率がよくありません(他の勉強・練習を先にやったほうがイイです)

 

 

 

でも一方でなるべく早い段階からたくさんの単語を『知っている』必要はあると思ってます

 

なに言ってんだコイツ、日本語ヘタかよ

 

と思った方、安心してください、ちゃんと説明します

 

この「覚える」「知っている」には大きな差があるのデス

 

ということで以下に詳しく説明していきます

 

 

 

結論:たくさんの単語を知ってるといい

英単語をたくさん暗記して、使いこなせるようになる必要はなくても、一度、一般的な英単語を一通り勉強することは大切だと思ってます

 

ここではわかりやすく「勉強しておく」という表現を使いますが、要するに「知っている」状態を指しています。

 

 

 

昨日の単語の例で言えば

 

「さわやか」「うららか」の違いを理解して使いこなせなくてもイイけど「うららかな春の陽に・・・」なんて話を聞いたときに、その話は理解できるようになるのが理想です

 

つまりその、「うららか」と自分で言えなくてもイイけど、「うららか」の意味は知っている状態であることが理想なのです

 

ちょっとだけ、伝わってきたカシラ・・・?(実は日本語力に自信のないねこじま)

 

 

 

ということで、英単語をたくさん知っているといい理由を下にまとめました、その理由を細かくみていきましょう!

 

 

 

リスニングが楽になるから

これはみなさん経験があるかと思いますが

 

知ってる単語しか出てこない文章をリスニングするのと、知らない単語が 出てくる文章をリスニングするのには、大〜きな差があります!

 

 

 

まずはTOEICやTOEFL、その他試験のリスニングのシチュエーションで考えてみます

 

こんな経験したことある人は多いんじゃないですかね?

 

もしもあなたが「coincidence」という単語を知らなかったとしましょう(いや、なんでもよいんだけどね、ワタシ結構この単語好きで(どんな選び方))

 

でね、そのリスニング中「coincidence」が出てくる部分だけわからないで済めばいいじゃないですか

 

でも、たった1つ単語がわからないだけなのに、リスニングの1アーティクル全部がわからなくなってしまう・・・なんてこと、よくありません?

 

たった1つわからないだけなのに、それから「ん?なんの話?」というのがわからなくなってしまったり、混乱してしまう

 

あとで意味を知ったら全く重要な部分じゃないのにも関わらず!

 

 

 

 

上記の例は試験のリスニングを想定しましたが、実際の会話でも同じです

 

知らない単語が2〜3個出てくると、もう混乱モードに突入してしまうかと思います。

 

コレがですね、ある程度英単語を知ってると(一般的な英単語を一通り勉強していると)

 

仮にうまく回答できないとしても、混乱はしません!(実体験)

 

仮に聞き取れなくても、「もう一回言って」とお願いして言い直してもらえたら、すぐに「あ〜!そういうことか!」となります

 

要するに、英単語を多く知っていれば知っているほど、リスニングが楽になるのデス!

 

 

 

細かい発音がわからなくても大丈夫だから

上のに似てるんですが、リスニング中、細かい発音がわからなくても、意味をキャッチできるようになります

 

 

 

例えば昔、こんなことがありました

 

どんな話のときにこの2つを聞き間違えたのか忘れちゃったんですが(そこ重要ジャンは禁句)

 

相手が「I was feeling that…」みたいな話をしたときに、突然意味がわからなくなってしまいました、その前までの文脈とあってなかったから、????と混乱してしまったのです

 

しかしすぐに、ねこじまの頭の中の辞書を引いて「あ、failingかな」と思ったら、意味が通って理解できたんです

 

ちなみに「feel」「fail」この2つの単語は、発音が違います

 

だけどワタシは言うても日本人!(開き直り)そんな瞬時に、カタカナで書いたら同じような単語を聞き分けられません(笑)

 

もしもこのときワタシが「fail」という単語を知らなかったら、多分そのまま意味がわからない話として会話がすすんでいってしまったと思います

 

 

 

また他にも、クラフトや手芸の話をしてるのにいきなり「die」という単語が出てきて、一瞬相手の話が理解できなかったことがありました

 

でもすぐに「あ、dyeかぁ」と思ってそのあと話がスムーズに入ってきたのは、明らかにねこじまの頭の中の辞書に一応「dye」が載っていたからです

 

 

  

こんな風に、ワタシのように発音が完璧にはわからない人でも、英単語を知っていれば理解できる範囲は増えるのです

 

 

 

 

たまに「単語がわからなくても文脈で推測すればいい、覚える必要はない」という意見も聞きますが

 

ワタシは、一般的な英単語はほぼ勉強しておいて(知っておいて)、文脈での推測には頼らないべきと思っています。

 

それは、リーディングならまだ意味の推測ができるけど、リスニングしながらの意味の推測は、かなり難しいからです。

 

英語のリスニングというだけで難しいのに、それでさらに知らない単語の意味も推測しながら聞くなんて、めちゃくちゃ難しいと思いませんか?ちょっとでもリスニングを楽にしたいと思いませんか?

 

それなら、英単語を一通り勉強しておいたほうがいいと思うのデス!

  

※ 何度も言いますが、「暗記して使いこなせる」までいかなくて大丈夫です。意味を知っておく、レベルで大丈夫です!

 

 

 

 

まとめ 

 

というわけで、英単語をたくさん知っておくといいことは、わかっていただけたでしょうか??

 

前回書いた記事での主張との差も、わかっていただけたら幸いデス!

 
 
 
今日のポイント
  • 使いこなせる英単語の量は増やさなくていいけど「意味がわかる」英単語の量は増やそう
  • 英単語をたくさん知っていると、リスニングが楽になる
 

 

 

 

次回予告:たくさんの英単語の勉強方法(決定版)

 

英単語をたくさん暗記する必要はないけど、知っている英単語を増やす必要はある

 

この記事でそう伝わったと思いますが、では実際、どのように勉強すればいいのでしょうか??

 

 

 

安心してクダサイ、次回、英単語の勉強法を徹底解説します

ワタシのバイブルの単語帳を紹介して、7年前に生み出した究極の英単語習得方法を、お伝えしますネ!

 

学習とは、その学習の意図を知っているだけで、勉強の質が全く変わってくると思っています。今日読んだこの記事が、今後のあなたの学習のモチベーションを上げるきっかけになれたら嬉しいデス!

 

 

 

ではでは、ねこじまデシタ!

 

 

 

感想など一言でもいただけたらめっちゃ嬉しいデス!とっても頑張れます!SNSに書いてもらえたら、全力でリツイートさせていただきます

更新情報や、その他アレコレつぶやくツイッターもよかったらフォローしてネ!①英語の勉強法②国際交流の話③フリーランス奮闘記…がメインの内容ダヨ!最近は毎日英語を話してる顔出し動画もあげてます、えっへん!

 

 

追記:はてなブログの読者が少なくてとても寂しいデス。もしよければぜひぜひ登録お願いします。ブログを書いてる方なら、ワタシも読者になります!一緒に更新頑張りましょ〜!