岡村さん専用ページ

     

   

   

   

     

     

 

 

 

岡村さん

 

以下、岡村さんの現在の状況オススメの勉強法をまとめさせていただきました

 

 

 

スマホで見たいときに見れた方がいいのと

色分けや箇条書きなど、文章をわかりやすくしたい意図から

このページを作らせていただいております

 

  

 

このページはワタシのホームページ内の一部ではありますが、記事とは別に独立したページとなっておりますので、URLを知らないとアクセスできないページとなっております

 

そのためワタシと岡村さんにしか見れません

 

ぜひご活用くださいませ!

希望があれば削除しますし、とくになければ半永久的に保存しておきます!

 

 

 

まずは必要な勉強を確認した上で、1週間の中で行うおすすめプランを紹介します。もちろん、ご自身の予定等にあわせてアレンジを加えてください!

 

 

 

英語の目標

  • 海外の方との日常会話ができるようになりたい(英会話を伸ばしたい
  • いつか英文のWebページも翻訳なしで読めるようになりたい (リーディングもできるようになりたい

  

 

 

全体案(下に細かく書くのでこちら大雑把に書きます)

  • 文法:中学英文法からやり直してみる
  • 単語:少しずつ地道にやる必要あり
  • 発音:優先度は低い(既に上手なため)。空き時間でできたらレベル

 

【同時並行で】

以上を踏まえた上で、以下の「練習」を徹底的に行う。

今足りてないのは「文法」「語彙量」と「慣れ」

  • スピーキング☆
  • リスニング☆
  • リーディング

 

 

 

現在のレベルと必要な勉強法 

理解・暗記が必要な部分

文法

岡村さんのヒアリングを行った結果・・・

 

  • 中学英語の文法は、わかる部分とわからない部分がある印象を受けました。

 

  • ということで、中学英語を一度復習する必要があると思いました。岡村さんの英語力だと、一冊やればかなり思い出せると思います。あくまで「文法に詳しくなるため」でなく「思い出すため」に、さらりと使っていただきたいです。

 

  • また、今後英語で話してみて「こういう表現はなんていうんだろう?」というとき。ネットで調べれば大体の答えは出てきますが、一度復習したを後だと、理解力が深まるかと思います。

 

本屋さんで、中学英語を簡単に復習できるものを探してきました!

f:id:nenenekojima:20180612195744j:plain

 

ゼロから始める!大人のための中学英語  

f:id:nenenekojima:20180612195606j:plain

 

 中学・高校6年間の英語をこの1冊でざっと復習する

f:id:nenenekojima:20180612195644j:plain

 

もちろん以上は一例なので、ご自身で相性のいいものを本屋さんで選んでいただいて構いません!!

 

 

自由に選んでいただいて大丈夫ですが『中学英語』を復習できるのはもちろん、その上で『5文型』『品詞』について(高校の範囲)も触れているものがオススメです

 

そうすると 『中学英語』と『高校英語』のどちらも復習できるかと思います!

 

  • 中学英文法の復習が終わったら、高校英語『5文型』や『品詞』を勉強してみることをオススメします(優先度が低くて大丈夫デス)
※高校英語って何に役立つの?
  • 『基本5文型』を覚えると文章を紡ぐルールがわかるようになりますスピーキング・ライティングに活きてきます)

 

  • また、品詞』を覚えると単語の暗記が楽になります。他には、リーディングが簡単になります!

 

※ 補足

スピーキングやライティングは、上記の文法を理解しつつ『練習』するだけです。このあとさらに『勉強』が待っているわけではないので安心してください!


また、『中学英語』のみでスピーキング練習に移っても大丈夫です!!
 
 

 

語彙力
  • 岡村さんの話を聞いていて、語彙をもう少し増やす必要があると思いました!語彙がある程度増えると、英語を話すときに楽になります。

 

  • 一方で、レベル不相応に増やすと(いきなり難しい表現や専門用語まで覚えると)話すときに混乱します

 

  • そのため、ワタシの使ってる、日常会話レベルに丁度いい、オススメの単語帳を紹介させていただきますね!

 

DUO 3.0 

 

 

※普通の単語帳と違って

①文章で覚えられる(文での使い方がわかる)

②カタカナの読みが振ってある

のが特徴です

 

f:id:nenenekojima:20180623111202j:plain

▼全体像

f:id:nenenekojima:20180623111237j:plain

 

f:id:nenenekojima:20180623111323j:plain

 

①について

英単語は文章で覚えるのが非常に大事です。それは例えば「Can=できる」で覚えても、文章のどこで使えるばいいかわからないからです。I can play the piano・・・で初めて使い方がわかりますよね!
そのため、この単語帳の「文章での使い方がわかる」点は非常に有意義です。


②カタカナ読みが振ってある
一般的にカタカナで覚えるのはタブーではあります。しかし「Certain」を、サータインと覚えてしまうよりは、多少正確でなくても「サータン」と覚えられた方が、スピーキングには大事に決まっています。
※また、例えば「enthusiastic」などの「読みがわかりづらい単語」も、正確でなくても「エンスゥージアスティック」と小さく書いてある方が、覚えやすいですよね!

  
  • Duoは自分自身のバイブルとも言える単語帳で、TOEIC860点を取るまでも、そして今現在の英語力も、この単語帳のみで構成されてます。なので、この本の実用性は間違いないと思われます

 

  •  英単語帳は、たくさんの本に手を出して覚えるより「気に入った一冊を何周もする」ほうがはるかに効率が良いです

 

  • ぜひDuoを3〜5周してみてください

 

  • (Duoを気に入ってもらえるといいのですが・・・)どうしても向いてないようでしたら、またご相談くださいませ!

 

  • また、Duo(単語帳)を進める上でオススメの方法があるのですが、うまく文章で伝えらえるかわかりません。わからなかったらスカイプ等でお伝えするのでご相談ください。

 

通常、単語帳は、わからないページに「付箋」を貼って行きますよね。その方法は間違いないです。

 

しかし、その付箋を外すタイミングっていつですか?付箋がたまりまくってストレスを感じることありませんか?

 

また、「わからない単語に付箋を貼った」その日に、「その単語を覚えようとして」ませんか?

※「distribute=配る」がわからなくて付箋を貼り、その場で覚えようとする・・・

 

 

上記の方法は、「単語帳をすすめる」ことがストレスになる上、効率がよくないのでオススメできません。

 

 

 

【ねこじまが編み出したストレスになりにくい単語帳のすすめかた】

単語は「覚えようとする気持ち」ではなく「見た回数」で覚える!という根拠に基づいています

 

①付箋を100枚ほど用意する

②初日、1P目からわからない単語に付箋を貼りまくる。

(日本部分を隠して、英語部分を読んで、意味を当てられるかやりましょう)

③初日は終わり。覚えなくていい(仮に10Pまで進んだとします)

 

④翌日、11P目から同じ作業をする。

しかしこのとき、新しい付箋を取り出してはいけず、「1〜10P目」までで貼った付箋を使い回さなくてはいけない。

⑤11Pのとある単語がわからない場合、1〜10P目をもう一回やって見て、付箋を外せる単語を見つける

⑥1〜10Pまでで、6単語わかった(付箋を外せた)ので、11ページ目、6単語分進める。

 

⑦またその翌日、単語帳を進めるために、1〜11p目をやり直して「すでにわかる(覚えた)単語を探す」

⑧これを毎日続ける。




・・・・文字での説明がうまくできずすみません。わからない場合お問い合わせくださいませ!

 

 

 

発音・イントネーション 
  • 岡村さんのスピーキングを聞いたところ、綺麗に感じました。

 

  • そのため岡村さんにとってというより世間一般においてでですが 、発音において、日本人が理解・練習したほうがいいものを載せておきます

 

  • というかワタシができなかったものの、練習してうまくなったものたちです(笑)
  • RとLの違い
  • Th
  • She
  • V
  • 〜er
  • 語尾を弱くする練習(Good day はグッドデイと言わずグッデイ)

 

  •  上記のものは、Youtubeを使って練習が可能です

『RとL 違い 発音』『Th 発音』などなど、Youtube画面で入力すると、簡単にヒットするかと思います!

 

実際に検索してみました!いろんなユーチューバーがいるので、自分にとってわかりやすいものを選んでいただけたらと思います! 

 


超わかりやすいLとRの発音の仕方 《サマー先生の英語発音講座#6》(プライムイングリッシュ・サマー レイン) 


たった6分でTHの発音ができるようになる方法!


Thの発音 // Pronouncing "th"〔# 047〕

 

  • 発音は、習得してしまえば、その後どんどんネイティブに近づけて話せるようになります!

 

  • 発音は、やろうと思えば簡単に習得できる上、習得してしまうとどんなに文法や語彙がめちゃくちゃでも「それっぽく」聞こえるようになるので、身につけるようにするといいかと思います。

 

 

 

『 理解・暗記が必要な部分』まとめ

 

上記の文法・語彙・発音などは、
話す練習をしてみて、困ってネットで調べたらすぐに出てきます。

【それなのに学んだほうがいい理由】
しかし、一度こうやって体系立てて勉強し、理解してる人は、調べた内容がすっと入ってくるんです(「あ、あのこと言ってるのかぁ。」という感じ)
(「初めて覚える」わけでなく「思い出す」行為になるというか・・・)

そのため、一度、上記の方法で学んでいただくことをオススメします。そのあとの英語練習が楽になるかと思います!

 
 
 
 

練習が必要な部分

スピーキング 
スピーキングに必要なのは『勉強』ではなく『練習』です

 

  • 現在岡村さんはオンラインレッスンを続けてるとのことでしたね。まさに「練習」の部分を高頻度で行っているということですので、ぜひご自身の勉強法に自信を持ってください!

 

  • 現在は、お話を聞いていたところ、言い慣れたフレーズはかなりスムーズに言えていました!同じく自信を持ってくださいね!

 

  • 一方で、「文法の理解を体系だけて学び直せると◎」「語彙を増やせると◎」もしくは練習がもっと必要という印象も受けました。

 

  • 文法・語彙に関しては、上記の方法で少しずつ勉強をしていただけたらと思います。

 

  • また練習に関してですが・・・この状態の方にできるアドバイスは限られていて「いまが一番苦しいけど続けてください」としか言えません。この状態は、基礎は分かっているはずなのであとは練習量さえ足りれば話せます。

 

  • 可能であれば、ぜひオンライン練習中、先生とのやりとりを録音してみてください

 

  • そして当日・あるいは翌日必ず復習するようにしてください!

 

  • その際「自分、この質問された時、こうやって言いたかったけど言い回しがわからなかったんだよな。」という部分を思い出しながら、文章を改めて紡いでみてください。

 

  • わからない部分はネットで構わないので調べてみてください。そしてネットを見ないでも言えるようにしてみてください。誰でも思いつく基本的なやり方ですが、コレが何よりスピーキングの練習の基本です

 

※ ちなみに文法語彙の理解度が高まっていればいるほど、スピーキングは簡単になりますし、新しい表現もすぐに覚えられるようになります!全ての勉強は全部繋がっています。頑張りましょう!
 
 

  

リスニング
  • 岡村さんが今一番苦手を感じているとのことでしたね。

 

  • 現在の英語力を鑑みると、おそらく「文法がわからなくて」「単語がわからなくて」聞き取れない部分もあると思われます。コレに関しては、上記に載せた方法で文法と単語帳をやって行けば少しずつ改善します!

 

  • また、ヒアリングに関しても、完全に練習量(聞く量)がものをいう分野です。いまが一番しんどいですが、かなりの頻度でスピーキングもやってますし、少しずつできるようになってるはずです。頑張りましょう

 

  • そこで、勉強法としては「ディクテーションをやる」「教材を買ってやりこむ」などよりは、スピーキング力の向上に身を任せたほうがいいかもしれません(スピーキングが伸びるとリスニングも付随して伸びます)

 

  • なので、リスニングに関しては、わざわざ教材をやりこむわけではない「無料で」「遊ぶように」チャチャっとできるリスニング練習法をお伝えさせていただきます。

 

岡村さんにオススメの練習法①

 

『Youtubeを見る』です!!

 

ぜひお気に入りの海外のユーチューバーを探して見てください!

 

また、右下の設定のところをいじるとどんな動画でも「字幕」がつけられるんです!こんなに楽しい練習方法はないと思います。私自身、空き時間によく見てリスニング力を鍛えています!

 


CULTURE SHOCK in Japan なかなか慣れない日本のこと

 

 

岡村さんにオススメの練習法②

 

有名な方法ではありますが、日頃から洋楽を聞いたり、洋画・海外ドラマを見るなど「趣味レベルで英語を取り入れる」ことも大事です(というかストレスがかからず勉強できます)

 

今も洋画を見る・・・など行っているとのことですね!ぜひ続けて見てください!

 

その際・・・

海外ドラマを観るときワタシは2回観るようにしています!

  • 1回目・・・英語リスニングと日本語字幕
  • 2回目・・・英語リスニングと英語字幕

ストーリーを知ってるので英語が入ってきやすいし「英語だけで理解できる!」と自信にもつながります!

 

※洋画だと長いですが、ドラマなら短いし2回見ても苦痛になりません。また「勉強」だと思えば、こんなに楽しい勉強法はないので頑張れます!

 

 

 
リーディング
  • ゆくゆくはお仕事で必要なWebページなども読めるようになれたら・・・とのことでしたね。

 

  • 現在の英語力を鑑みると、リスニングと同じく、おそらく「文法がわからなくて」読めないわけではないと思われます(時間をかけたり単語を調べたら読めると思います)

 

  • ズバリ「単語量」「慣れ(速読力)」が必要だと感じました。

 

→単語量は、上記の単語帳で身につけて行きましょう。

→慣れ(速読力)については以下に書きます

 



今日からできる、簡単に日頃からリーディングに慣れる方法としては

 

インスタ・ツイッター・FacebookなどのSNSで『海外の有名人を思いっきりフォロー』することをオススメします。

 

普段SNSをいじるときにナチュラルに英文を読む機会ができます! 



また、これは本格的にリーディングに力を入れたいと思ってからで大丈夫なのですが

ガチガチに「速読力」を鍛えたいなら、やはり「英文を読む」練習をするしかありません。

例えばTOEIC教材などを購入し「リーディングパートを時間以内に解きまくる」と、かなり速読力はつきます。私はこの方法を1年間やり込んでかなり英文を読む耐性がつきました。

 

 

 

  

こちらも、本屋さんなどでご自身に合うものを選んでいただいて大丈夫です!

 

ただ選ぶ際

TOEICリーディングより実践的で一般的

TOEFLリーディングよりアカデミックで専門的(大学受験のセンター試験の英文のよう)

など、試験科目ごとにいう特徴がありすので、ご自身の意図にあった教材をお選びください!(岡村さんの場合、まずはTOEIC教材かなぁと思います)

 
 
 

週単位で見る勉強法

ワタシのもてる力全てを使って勉強方法を考えたので、上記の勉強法は少し情報過多かもしれません!

 

そこで、1週間の中でどんなペース配分がいいか考えてみました

 

平日・・・朝1時間
土日・・・空いてる日と空いてない日があるため「できたらやる」レベル
 
 

 

毎日やること

①Duoで語彙力UP

毎日Duoを例のやり方で1セクション進める。

→3ヶ月で1周くらいは終わるのではないかと思います

→2周目・3周目はもっと早く進むので、半年くらいで3周できるかもしれません!

→そうなったらもう語彙力は充分です!怖いものはありません!新しい単語帳に手を出さずともDuoの中の言い回しだけで日常会話は済むと思います!

 

 

②DMMでスピーキング

こちらはぜひ続けてください!今必要な「練習」を高頻度で行うことで、着実に英会話スキルは伸びていくはずです!

 

英会話は、今の時期が一番辛いものです(練習を重ねているのにまだまだ喋れない・・・という時期、私もありました。)

 

ですが、そのあと、少しでも伸びている実感が持てたり、言いたいことが無理なく言えるようになってくると「英語の勉強・練習」が苦ではなくなります。その状態に入ってしまえばこっからは早いので、そこに行くまでの辛い期間、もう少し続けてみましょう!応援しています。

 

 

『中学英文法』の復習

上記の教材でもいいですし、他のでもお気に入りの教材で、進めてみてください!ペースはご自身の進めやすいペースで大丈夫です!

 

終わったら「高校英文法」の範囲に入っても、一旦やめてスピーキング等の練習に専念してもどちらでも大丈夫です!

 

 

 

土日にやること

①Youtubeでリスニング練習

海外Youtuber動画を気楽に観てみてください!

楽しく動画見るだけでも、耳が英語に慣れるので有意義です! 

 

また映画や洋楽も「勉強の中ではすごい楽なほう」ですよね。なので日々取り入れられたら取り入れるようにしてみてください!

 

 

発音の練習

一日につき一種類Youtubeを使って発音練習をしてみてください!15分くらいでできると思います!

 

 

発音の練習SNSで海外の有名人をフォロー

特に構えず、勉強だと思わず、気軽にやってみてください!

 

 

 

 

いつか、かなり時間があるときにやること

①教材を使ってリーディング練習 

 TOEICまたはTOEFLの本を買って、速読の練習(慣れる)(数をこなす)をしてみてください!その際、毎日続けていた単語帳がかなり役立つはずです。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

あくまで提案なので、こちらを踏まえて、自分の特に優先したい勉強を重視してやったり、楽しくできるものから手をつけたり、工夫してみてくださいね。

 

 

 

また、英語は1日、1週間、1ヶ月でいきなり話せるようになることはありません。

 

「本当に伸びてるのかな?」という地道で不安な勉強・練習をコツコツ続けた先に、「英語できる」実感が待ってると、ワタシは思います。

 

「英語できる」実感がある中での勉強はもはや「苦」ではないので、「英語できない」今の時期の勉強が、一番苦しく、挫折しやすいと思います。

 

ぜひ、少しずつでいいのでコツコツ続けていってくださいね!

 

現在も岡村さんは高頻度で英語を勉強しているようですし、ご自身で思っているより英語の基礎は理解できているように思います。ぜひ今後も頑張ってみてください!

 

それでは、ご不明点や詳しく聞きたいものがあったら、LINE@でのご連絡お待ちしています。

 

 

 

ねこじま

 

プライバシーポリシー